『レッド・スパロー』

レッド・スパロー



事故でバレエの道を絶たれた女性が、母親の看病の為、止む無くスパイの道に..

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原作:ジェイソン・マシューズ
ドミニカ・エゴロワ(ジェニファー・ローレンス)ボリショイ・バレエ団のトップダンサー
 事故で、左脚骨折 再起不能
  相方コンスタンティン(セルゲイ・ポルーニン)裏切り-ソーニャ抜擢
  報復 シャワー室でアゴ砕く
 母ニーナ(ジョエリー・リチャードソン ヴァネッサ・レッドグレイヴの娘)病弱 介護レニ
 叔父ワーニャ(マティアス・スーナールツ)情報庁副長官

情報庁
 ザハロフ参謀(キーラン・ハインズ)
 コルチノイ将軍(ジェレミー・アイアンズ)
 マトーリン局員(セバスチャン・ハルク)ネイトを皮剥ぎ拷問 

第4学校 スパイ養成所
 監督官(シャーロット・ランプリング)
 スパロー(雀)=ハニートラップ

支局長 ヴォロノフ大佐(ダグラス・ホッジ)セクハラ失脚
マルタ(テクラ・ルーテン)同室局員 憐れ浴槽で殺される
 ステファニー・ブーシェ補佐官(メアリー=ルイーズ・パーカー)
  衛星情報を25万ドルで流出 バレてトラックに撥ねられ即死

ネイト・ナッシュ(ジョエル・エドガートン)米CIA局員
 商務参事官 情報源(マーブル)と接触
 ゴーリキー公園で麻薬取引と間違われ追われる失態
上司コンビ
 マーティ・ゲーブル(ビル・キャンプ)
 トリッシュ・フォーサイス(サキナ・ジャフリー)ホテルでアシスト時間稼ぎ

【 以下ネタバレ注意 】  ご覧の際は反転にて 
情報源(マーブル)モグラはコルチノイ将軍
 スパイの素質があり一歩先行くドミニカがワーニャを出し抜く
 ワーニャは人質交換で狙撃される




【 管理人のひとこと 】
ネイトじゃないけど、管理人も金髪の方が好きだな

見所
・ ハニートラップ養成所のランプリングのスパルタぶり
・ 情報源の大逆転

冒頭、バレエシーンのジェニファー・ローレンス
  トップダンサーにしては足が太すぎ!??

久々、メアリー=ルイーズ・パーカー
  エンドロール迄、名前が思い出せなかった。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年05月04日(土)07:25:46
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment