『ノーザン・リミット・ライン 南北海戦』

ノーザン・リミット・ライン 南北海戦
2002年、W杯サッカーに韓国中が熱狂している最中、
南北の境界線上で突如起きた北朝鮮の警備艇による
韓国軍艦への奇襲攻撃を描いた海戦ドラマ

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

英題:Northern Limit Line
2002年6月29日(土)
日韓共催によるFIFAワールドカップサッカーの3位決定戦 韓国対トルコの試合当日

第二延坪(ヨンピョン)海戦
北朝鮮の警備艇 登山串684号が、朝鮮戦争以後、1953年に国連によって
定められた黄海上の北方限界線(NLL=ノーザン・リミット・ライン)を侵犯
韓国軍艦357号に対して奇襲攻撃を開始 357号沈没

韓国哨戒艇チャムスリ357号 戦死者6名
艦長ユン・ヨンハ大尉(キム・ムヨル)(1973-2002)
  父(ソン・ジェホ)海軍出身
 副艦長イ・ヒワン中尉(イワン)片足失くす
 クォン・ギヒョン(キム・ドンヒ)ドンヒョクの同期 指失くす
 チェ大尉(イ・チョンア)
操舵長ハン・サングク下士(チン・グ)(1975-2002)
 5歳の時、母と死別 妻(チョン・ミニ)流産
 手震え 地上勤務へ異動申請
 沈没した戦艦から、遺体収容される(儲け役)
医務兵パク・ドンヒョク上等兵(イ・ヒョヌ)(1981-2002)新入り
 母(キム・ヒジョン)聴覚障害1級 食堂切り盛り
 病室でサングクの遺体回収を確認後、息を引き取る

兵器士チョ・チョニョン下士(キム・ジフン)(1976-2002)
兵器士ファン・ドヒョン下士(チャン・ジュナク)(1980-2002)
機関士ソ・フウォン下士(チュ・ヒジュン)(1980-2002)

【 管理人のひとこと 】
 実際の戦闘は30分間くらいだったらしい

 

 エンドロール
 実際の生存者・関係者のその後とコメントを寄せる
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年11月16日(土)06:58:50
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment