cinema-days 映画な日々

『永い言い訳』

2018/04/30
【邦画】[ナ行] 0
本木雅弘
永い言い訳 [DVD]
永い言い訳
妻がバス転落事故で亡くなった時、作家の夫は浮気の最中
一緒に亡くなった妻の親友一家と接する内に変わっていく
作家の心情を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作・監督・脚本:西川美和
衣笠幸夫(本木雅弘)=作家 津村啓
4/23に亡くなったプロ野球選手"鉄人”衣笠祥雄と字は違うが同名
マネージャー 岸本信介(池松壮亮)
 「全然いいと思います、それって逃避ですよね」
 JBSテレビ ドキュメンタリー企画 ~愛する人の死を越えて~
 田原尚也ディレクター(戸次重幸)

妻 夏子(深津絵里)美容師
山形県の雪柳湖バス事故(2015年8月下旬)で亡くなる
 大下潤之介(康すおん)山形県警事情聴取
 事故説明会 バス会社社長(ジジ・ぶぅ)遺族(小林勝也)
ケータイ下書き「もう愛していない。愛のひとかけらもない」
美容院共同経営者 栗田琴江(松岡依都美)
 従業員 甲斐くん(淵上泰史)
留守電の声 安藤奈緒美(木村多江)

担当編集者で浮気相手 福永智尋(黒木華)「バカな顔」
 編集者 桑名秀人(岩井秀人)

大宮ゆき(堀内敬子)夏子の親友
夫陽一(竹原ピストル)大窪運輸トラック運転手 公団住まい
 携帯の留守電消去出来ずに聞く
 居眠り運転 事故ムチ打ち柳生病院
息子 真平(藤田健心)小6 青葉学習塾通い
 「殴ったって痛いだけで何も変わらないよ」
娘 灯(あかり)(白鳥玉季)5歳→6歳 蟹アレルギーアナフィラキシーショック
 夕方のTV番組「ちゃぷちゃぷローリー」
 科学館のワークショップ
  鏑木(かぶらぎ)優子(山田真歩)学芸員 吃音

【 管理人のひとこと 】
子役の二人が良いです。
津村は、大宮一家との交流を新作にする...「人生は、他者だ」

花見大会で「学園天国」を歌いクダを撒く
『永い言い訳』
橋本麻央役中島亜梨沙(『サクラダリセット』)/編集長役花ケ前浩一
【スポンサーリンク】
関連記事
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
     シェアする


同カテゴリ  【邦画】[ナ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form
コメントは承認制です。装飾バーは利用できません。
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on Twitter
cinemadays on Facebook