『ラプラスの魔女』 2018年05月07日(月)20:27:25

遠く離れた2つの場所で起きた自然現象下
での硫化水素による中毒死事件。
捜査協力を求められた大学教授の前に、
次に起こる自然現象を言い当てる謎の女が現れる..

個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞)

原作:東野圭吾

ピエール・シモン・ラプラス フランスの数学者(1749-1827)
 ラプラスの悪魔...
 ある瞬間の全物質の力学的状態とエネルギーを知り、計算出来る知性が存在するならば、
 その知性には未来が全て見えている筈である。

青江修介(櫻井翔)泰鵬大学教授 地球化学
 助手 奥西哲子(志田未来)

捜査依頼
中岡祐二(玉木宏)麻布北署刑事
 上司 成田(菅原大吉)

被害者 硫化水素中毒死
 水城義郎(67)映画プロデューサー 赤熊(あかくま)温泉
  妻 千佐都(佐藤江梨子)元銀座のホステス
  年齢差 30歳以上 遺産目当ては歴然
 1ケ月後
 那須野五郎(35)(渋谷清彦)俳優 苫手(とまて)温泉

二人の接点
 甘粕才生(あまかすさいせい)(55)(豊川悦司)リテールに拘る映画監督
  作品「廃墟の鐘」ロケ地買取
  47歳の時 妻娘 硫化水素死 事件後をブログで綴る

生き残った息子 謙人(福士蒼汰)
 植物人間(記憶を失ったふり)から復帰
 脳手術により、次に起こる自然現象を予測出来る能力取得
  例)サイコロの目 地震・乱流は不確定

 羽原全太朗(リリー・フランキー)開明大学病院脳神経外科医
  娘 円華(まどか)(広瀬すず)人体実験(国家機密 公安管理)
   10歳の時、母 美奈(檀れい)北海道でハリケーンに巻き込まれ死
  監視人 武尾徹(高嶋政伸)桐宮玲(TAO)

【 以下ネタバレ注意 】  ご覧の際は反転にて 
真相
 謙人が8年間、復讐を考え、千佐都を操り、母妹殺しの実行犯二人を殺害
 真犯人は 父 才生だった!! 父性欠落症の完璧主義者
 財産目当ての妻と出来の悪い娘 → 家庭のリセットの為 娘萌絵の自死を偽装して殺害
 ブログの映画化計画

 謙人 VS 才生
 円華が車を使って洋館に穴を開け、ダウンバーストによる廃墟崩壊を阻止

 顛末 事件は事故として処理
 謙人 会話を録音 映画化阻止 行方眩ます
 才生は入院先で自殺 円華は元の生活に戻る
 青江は事件の真相を伏せる


廃墟のダウンバーストシーン
一瞬、劇場が真っ暗に。一緒に観ていたカミさんは、上映事故では...と訝ったほど

≪ 前日譚 ≫
魔力の胎動
魔力の胎動
posted with amazlet at 18.05.12
東野 圭吾
KADOKAWA (2018-03-23)
売り上げランキング: 503

【 管理人のひとこと 】
管理人が苦手な三池崇史監督作品だった。
冒頭のハリケーン・ラストの廃墟ダウンバースト
シーンのミニチュア感に失速

豊川悦司から福士蒼汰へのモーフィングは違和感なかった
甘粕才生の赤いコートは奇抜過ぎない?狂気の証か

櫻井翔に大学教授役はミスマッチ
探偵役は『映画 謎解きはディナーのあとで』の執事役の方が似合う。

「月虹(げっこう) 」=夜間に月の光により生じる虹が、
廃墟ダウンバースト後に二つ同時に発生するが、
青森市で本日AM11:00頃、 「日暈(ひがさ)」=太陽を囲む円形の虹が、
「環水平アーク」=一直線に延びる虹と同時に発生したそうだ。
まさに、真昼の天空ショーだ!!
【スポンサーリンク】

【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 櫻井翔 広瀬すず 劇場鑑賞  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2018年05月30日(水)03:48:31ブログパーツ このページのトップへ

トラックバック [2件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラプラスの魔女

東野圭吾の同名ベストセラーを「神様のカルテ」「映画 謎解きはディナーのあとで」の櫻井翔主演で映画化したサスペンス・ミステリー。とうてい実行不可能と思われる連続殺人事件の謎に挑む地球化学教授が、自然現象を予言する謎めいたヒロインの存在に導かれて辿り着く驚愕の真実を描く。共演は広瀬すず、福士蒼汰、豊川悦司。監督は櫻井翔とは「ヤッターマン」に続いてのコラボとなる三池崇史。あらすじ:ある日、初老の男...

『ラプラスの魔女』('18初鑑賞39・劇場)

☆---- (10段階評価で 2) 5月10日(木) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:05の回を鑑賞。

コメントの投稿 [0件]

非公開コメント

 商品検索

 タグ [上位30件]




 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
『彼女の人生は間違いじゃない』 2018/09/24
『リングサイド・ストーリー』 2018/09/23
『コーヒーが冷めないうちに』 2018/09/23
『恋と嘘』 2018/09/22
『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』 2018/09/21
『先生!、、、好きになってもいいですか?』 2018/09/20
『あさひなぐ』 2018/09/19
村山 早紀著 『桜風堂ものがたり』 2018/09/18
『ビジランテ』 2018/09/17
『IT イット“それ”が見えたら、終わり。』 2018/09/16
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第33位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第15位
アクセスランキングを見る>>