cinema-days 映画な日々

『ガール・オン・ザ・トレイン』

2018/09/14
エミリー・ブラント
ガール・オン・ザ・トレイン
離婚したレイチェルは電車から見える「理想の夫婦」の姿に
慰められていたが、ある朝、その妻の不倫現場を目撃し...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Girl On The Train

【スポンサーリンク】
レイチェル・ワトソン(エミリー・ブラント)アルコール依存症 記憶喪失
 1年前に失職 毎日列車窓の景色を見て過ごす
 友人キャシー(ローラ・プレポン)宅に2年間居候
 バーで会った男=トンネル入り口で介護の声を掛ける(ダレン・ゴールドスタイン)

前夫 トム(ジャスティン・セロー)
 再婚 アナ・ボイド(レベッカ・ファーガソン 「MI」シリーズ弾出演)
 娘イーヴィ
 上司の妻マーサ(リサ・クドロー) クビの原因はトムの女癖

子守メガン・ヒップウェル(ヘイリー・ベネット 『イコライザー』)
 トムの子供妊娠 → 遺体で見付かる(1990-2016)
  10代の頃 兄の友人マックの子供出産
  浴槽で寝てしまい、赤ん坊溺死
 夫スコット(ルーク・エヴァンス)
 精神分析医カマル・アブディック(エドガー・ラミレス)

ライリー女刑事(アリソン・ジャニー)
 相棒カスキル

【 管理人のひとこと 】
トムが浮気男で、レイチェルのアル中・記憶喪失を利用していたのだ!!
久々のリサ・クドローはチョイ役だったなぁ


 メガン役ヘイリー・ベネットは、目がケイト・ブランシェット似
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[カ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[カ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook