cinema-days 映画な日々

『サイドウェイ』

2006/06/03
ポール・ジアマッティ
サイドウェイ (特別編) (ベストヒット・セレクション)
サイドウェイ
第77回アカデミー最優秀脚色賞作品。
ワイナリー・ツアーなんてのもあるんですね。

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Sideways

【スポンサーリンク】
マヤ役ヴァージニア・マドセンを見て、
ファイヤーウォール』でハリソン・フォードが
彼女を妻役に指名したのも納得出来ます。

ステファニー役サンドラ・オーはアレキサンダー・ペイン監督の元奥さん。

サイドウェイズ (特別編) [DVD]
日本版 サイドウェイズ
実写邦画歴代NO.1ヒット作『踊る大捜査線2』を手掛けた
フジテレビと、洋画歴代NO.1ヒット作の『タイタニック』を手掛けた
20世紀フォックス映画がコラボ。
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[サ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[サ行]

コメント歓迎!! 2

まだ、コメントはございません。

Hiro

>クマさん

TB有難う御座いました。
こういった作品で、アカデミー賞主要5部門にノミネートって、
日本ではまず考えられませんよね。

2006/06/06 (Tue) 21:50

Hiro

『サイドウェイズ』

日本版が創られたとは知らんかった。(H21.10.31.公開予定)
監督:チェリン・グラック
脚本:上杉隆之
出演:小日向文世-鈴木京香
    生瀬勝久-菊地凛子
オール海外ロケ&海外スタッフ
歌『タイム・アフター・タイム』 唄:シンディ・ローパー
予告編を見ると管理人世代は見たくなりそう。。。

2009/09/21 (Mon) 11:46

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

トラックバックできます!! 1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ワイン片手に人生の寄り道をしよう 『サイドウェイ』

親友の結婚式を一週間後に控え、独身最後の記念にと旅行に出た二人の中年男。ワインと女性を巡って怒ったり笑ったり落ち込んだりと二人の男が繰り広げる可笑しくて切ない1週間をコミカルに描いた作品。第77回アカデミー賞主要5部門にノミネートされ脚本賞を受賞、また第62回

2006/06/06 (Tue) 08:37 by 毎日が映画日和
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook