『地球が静止する日』再見

地球が静止する日
人類に警告する宇宙から使者。
果たして彼らの目的とは?その衝撃の計画とは?

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

初見: 2008年12月25日
ロバート・ワイズ監督『地球の静止する日』(’51)のリメイク
吹替版で鑑賞

宇宙からの使者クラトゥ(キアヌ・リーヴス)
 人類から地球を救いに来た
 球体 ノアの箱舟的に取集
 巨大ロボット → イナゴの大群風砂塵
ヘレン・ベンソン博士(ジェニファー・コネリー)
 息子ジェイコブ(ジェイデン・スミス)
 大家カール・バーンハート教授(ジョン・クリーズ)
 窮地に瀕した人類は変われる(進化) 今一度チャンスを!!

レジーナ・ジャクソン国防長官(キャシー・ベイツ)
 マイケル・グラニエ博士(ジョン・ハム)ヘレンらを搬送中、事故死
 ジョン・ドリスコル(カイル・チャンドラー)巨大ロボット収容所で爆死

【 管理人のひとこと 】
 短髪のキアヌはやはり、格好良い(最早、ジンクス!?)
 ジョン・ドリスコル役カイル・チャンドラーは、ちょっと見アレック・ボールドウィン似
 『いま、輝くときに』(2013年)では自己中親父役をやっていた。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年09月30日(日)12:38:52
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment