cinema-days 映画な日々

『イコライザー2』

2018/10/06
デンゼル・ワシントン メリッサ・レオ 劇場鑑賞
イコライザー2

イコライザー2 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]


古くからの友人を殺された元CIAエージェントが、真相を突き止め、嘗ての仲間たちを粛清する。

個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞)

原題:The Equalizer 2
【スポンサーリンク】
ロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)タクシー運転手
 実は元CIAエージェントで凄腕のイコライザー 寸殺の殺し屋
 亡妻ビビアン(Enku Gubaie) パン屋
 「読むべき100冊」読了「失われた時を求めて」「世界と僕のあいだに」

 壁落書き ファーティマ(サキナ・ジャフリー)の庭荒らし
 マイルズ・ウィテカー(アシュトン・サンダース)落書き消しのアルバイト
  亡兄ボクサーチャンピオン 暴漢に撃たれて死す

 客サム・ルービンシュタイン(オーソン・ビーン)高齢認知症気味
  姉マグタ(グロリア・パパート)探し手伝う ラスト再会

 書店主グレース(タマラ・ヒッキー)娘が居なくなり閉店予定だった
  娘(9)(リース・オリヴィウ・コート)父親に連れ去られる
  連れ去り夫(アンドレイ・アロフスキー)列車内で乱闘

 客エイミー(キャロライン・デイ)暴行受ける
  セレブのジュニア(ランス・ウィリアムス)グループ一掃


嘗てのCIA上司スーザン・プラマー(メリッサ・レオ)
 夫ブライアン(ビル・プルマン)作家
 ベルギー ブリュッセルのカルベル(アントワーヌ・ラルティク)事件担当
 夫妻(妻ジーナ:アビゲール・マーロウ)の自殺が偽装だったと気付く

工作員仲間
デイブ・ヨーク(ペドロ・パスカル)高台に陣取るが...
 妻キャロル(カレン・ストロング) 娘モリー、アリス
① コバック(ギャレット・ゴールデン) ② アリ(カイン・タウギナス)
③ レズニック(ジョナサン・スカーフ)
マッコールの故郷 ハリケーン接近で避難勧告
デイブ左眼目潰し 頸部切られ高台から落下、高波に流される
マイルズ トランクに入れられ人質となる 左腿撃たれるが止血

【 管理人のひとこと 】
レズニックはパン屋ごと爆死するが、パン粉 小麦粉を扇風機で回しただけで
爆発する程、引火するのかな
修復後の壁画が素晴らしい出来栄え

第一作
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[ア行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[ア行]

コメント歓迎!! 1

まだ、コメントはございません。

風子

粉塵爆発

パン粉でなくて小麦粉です。
敵が投げ込んだ手榴弾の爆発で、
粉塵爆発が起こったという事でしょうね。
威力があれほどになるかは、知りませんけど。

壁画には感動でしたね。^^

2018/10/08 (Mon) 19:44

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

トラックバックできます!! 2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) 「イコライザー2」

前作「イコライザー」では、デンゼル・ワシントンはホームセンターに勤め、妻を亡くして以来「読むべき100冊の本」を夜毎ダイナーで読む習慣を持つ、一介の男であった。今回の「イコライザー2」ではその職業が「Lift」の運転手となり(Liftとは厳密に言うとタクシーというより配車サービスなのだと思う)、「読むべき100冊の本」は既にラストの 2~3冊にまで読み進み、それもダイナーではなく自宅の書斎で...

2018/11/02 (Fri) 16:45 by ここなつ映画レビュー
イコライザー2

オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが、「トレーニング デイ」のアントワン・フークア監督とタッグを組んだアクションサスペンス「イコライザー」の続編。マッコール役のワシントンは、自身のキャリアで初の続編への出演となった。共演はメリッサ・レオ、ペドロ・パスカル、ビル・プルマン。あらすじ:元CIAエージェントで、昼間の表の顔とは別に、世の裁けない悪人を19秒で抹殺していく「イコライザー」としての顔を...

2018/11/02 (Fri) 20:56 by 映画に夢中
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook