『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』

オズランド 笑顔の魔法おしえます。



恋人と同じ会社に就職出来たと思ったら、地方のド田舎遊園地に配属された
女の子の転機を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原作:小森陽一 『オズの世界』
波平久瑠美(なみひら くるみ)(22)(波留)早稲田大学卒
 恋人 トシ君こと小西俊郎(中村倫也)と同じプリンスハイアットグループに入社
  遠距離恋愛 久々に会うとスプラッシュの水しぶきを2回浴びる羽目に
 企画部 熊本県荒尾市にあるド田舎遊園地「グリーンランド」配属
 東京に戻るべく、好きな部署に異動出来るMVP社員を目指す

園長 宮川肇(柄本明)
 指導係 小塚慶彦(おづか よしひこ)(西島秀俊)“魔法使い”と呼ばれるカリスマ上司
  ヒッチハイクで辿り着き集客を170%UP
  印象に残ったシーン「アイドルの子たちの為に遊園地を開けて、乗せるシーン」
  小塚の人望のなせる業 30分でスタッフ全員集合って、絶対無理でしょ
 同期 吉村豪太郎(岡山天音)東京大学卒
 同僚 玉地(たまち)弥生(橋本愛)

 広報課長 上園龍(深水元基)
 販売スタッフ 南原カツヨ(濱田マリ)婚活でMVP
 場内アナウンス みゆき(朝倉えりか)
 先輩社員(戸田昌宏 久保酎吉 コング桑田)

園内の取り決め


隠語
 「虹の彼方」=トイレ 「コード9」=緊急事態
 迷子を最初に見つけたら、その日は「殿」「姫」扱い

イベント
 7/15 アイドル フライングピンキー 閉園後の歓待
 8/12 花火イリュージョン 蛇が感電 停電作戦で乗り切る
 50周年イベント マジカルバルーンシャワー 気球から1万個の風船降下
 小塚 2019.3.31.退職!!(実は、皆既知の事だったのでした)

 
 

波留談
 ラストに登場する「高台の塔の上」
 「通常は行く事が出来ない場所。絶景でした」命綱を着けて撮影に臨む程の場所だったというが
 「高い所は大丈夫なんです」


【 管理人のひとこと 】
 クールなイメージの西島秀俊、橋本愛のコメディキャラが見られて新鮮
 

西島談
 「確かに今回は公安でもないですし、殺し合いもしていないので。
 そういう意味でいえば珍しい作品ですね」
 「ぶっきらぼうな上司を演じていた筈なんですけど、完成した作品を見ると
 『あれ?俺、こんなに笑ってたっけ?』と思うほど。
 共演者の皆さんとの空気が良くて、よっぽど楽しかったんでしょうね」

 

橋本談(熊本出身)
 「幼い頃から来てたので記憶も沢山残っていて、それをなぞるように歩き回ったり。
 時間がある時にひたすら遊ばせて頂き、遊園地ラブな気持ちを満タンにして
 現場に戻る事が出来たので有難かったです」
 「原作では達観したような雰囲気を持つ経験豊富な女性でしたが、
 映画ではぐぐっと若々しく、ぐぐっと弾けた明るさを持った女の子」


 撮影:熊本県荒尾市の「グリーンランド」 2017年8月~9月の1ケ月間
 “魔法使い”と呼ばれるカリスマ上司には実在のモデルがいると言う
 西島秀俊(47)と波留(27)は20歳も歳の差があるんだぁ...
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年05月06日(月)23:23:38
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • オズランド 笑顔の魔法おしえます。
  • 波瑠と西島秀俊の共演で、「海猿」や「S 最後の警官」の原作者としても知られる小森陽一の人気小説「オズの世界」を映画化。久瑠美役を波瑠、小塚役を西島がそれぞれ演じる。脚本は「ヒロイン失格」の吉田恵里香。監督は数々のテレビドラマや「SP」の劇場版2部作などを手がけた波多野貴文。あらすじ:超一流ホテルチェーンに就職しながら系列の地方遊園地への配属という不本意な辞令を受けてしまった波平久瑠美。落胆す...
  • 2018.11.02 (Fri) 20:55 | 映画に夢中