大晦日(2018年)

2018年の劇場映画鑑賞本数は39本でした。
昨年より4本増。内訳は邦画28本 洋画11本。
邦画は6本増、洋画が2本減。

年間の劇場鑑賞大トリは12月の『かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-』でした。

来年も当ブログを宜しくお願い致します。
【2018年総括】
□ 劇場映画鑑賞:39本(邦画28本/洋画11本)
  【管理人の寸評】
  劇場鑑賞は圧倒的に邦画が多い。

□ 自宅映画鑑賞:286本(邦画99本/洋画187本)
  【管理人の寸評】
  昨年より17本増。(邦画20本増/洋画3本減)
  洋画の中ではアジア圏映画(韓国の他、中国・香港・台湾)が63本。

  [お勧め作品]
  キセキ ーあの日のソビトー 通常版 [DVD]光 スタンダード・エディション DVD二十六夜待ち [DVD]
  隠された時間 [DVD]スリー・ビルボード [DVD]

 総鑑賞本数は劇場39本+自宅286本=合計325本
 前年比21本増 映画鑑賞日率89.04%(325本/365日)

□ 読書:21冊(単行本20冊/文庫本1冊)
  昨年の2冊から比べ10倍
  常連の今野敏、東野圭吾に加え、初読みの川口俊和、村山早紀で
  冊数を増やした。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年01月01日(火)09:39:02
ブログパーツ

Comment 1

There are no comments yet.

aq99  

趣味で、ブロガーが選んだ映画ベスト10を、長いこと調べて楽しんでおります。勝手ながら集計に加えさせていただきました。よろしければ、ご覧ください。

2019/02/12 (Tue) 19:11

Leave a comment