『D-WARS ディー・ウォーズ』

D-WARS ディー・ウォーズ
ある運命を背負った女性を狙い、凶悪なドラゴン軍団が蘇る。
人類はロサンゼルスで大暴れする怪物たちを退治出来るだろうか...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:D-War Dragon Wars
舞台:ロサンゼルス

イーサン・ケンドリック(ジェイソン・ベア)CGNN局リポーター
 15年前 少年時代に
 ジャック(ロバート・フォスター)古美術商でペンダント貰う

 500年毎に繰り広げられる正邪のドラゴンの伝説
  1507年 師ボチョン(ジウァン・ミン)
  ハラム戦士(ヒュンジン・パーク)-皇女ナリン(ヒョジン・バン)左肩の赤い痣=ヨイジュ
 同僚ブルース(クレイグ・ロビンソン)



500年後
サラ・ダニエルズ(19)(アマンダ・ブルックス)
 友人ブランディ(エイミー・ガルシア)

FBI
 フランク・ピンスキー(クリス・マルケイ)サラの抹殺図る
 ラッセル・クロウ似
 同僚ジュダ・キャンベル(ジョン・アレス)フランクを阻止

アトロックス軍
 邪悪大蛇ブラキ暴れまくり
  シム動物園 守衛(ビリー・ガーデル)象5頭喰う
  局のヘリコプター墜落 リバティ・ビル
 鳥獣プルコ 牛獣ドドウラー

ラスト 邪悪ブラキ VS 尊きイムギ
 サラ昇天 「来世で待つわ」

【 管理人のひとこと 】
 イーサンはハラム、サラはナリンの生まれ変わりだったのだ。
 それにしても、500年毎に、こんな闘いを繰り広げられたんじゃ
 一般市民は堪ったもんじゃないよね。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年05月13日(月)23:17:10
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment