『コールド・キラー』

コールド・キラー
猟奇的な殺人の現場を偶然目撃し、残忍な殺人鬼から命を
狙われる事になった女性タクシー運転手の必死の反撃を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Die Hölle
舞台:オーストリアの首都ウィーン

エズゲ・ドグルオル(ヴィオレッタ・シュラウロウ)タクシー運転手
 移民で前科持ち 特技:ムエタイ
 父(Ercan Kesal)ロリコンで嫌悪
従姉妹ラニャ(ベレナ・アルテンベルガー)浮気性 不倫相手3人
 子供アダ(Elif Nisa Uyar)
 夫ザミア(ロバート・パルフラーダー)タクシー会社社長
ムエタイジムのトレーナー(Murathan Muslu)は新しい彼女を見付ける

隣室の殺人事件目撃 被害者8人目
猟奇連続殺人「皮を剥ぎ、口に高温の油を注ぐ」
 テヘラン3 チュニス1 トリポリ2 ジャカルタ1
 容疑者 国連大使アル・ハダリ博士(サミー・シーク)

警察
クリスティアン・シュタイナー刑事(トビアス・モレッティ)
 父カール(フリードリッヒ・フォン・サン)痴呆症
 別れた妻 息子ルーカス(8)アメリスカ移住
部下ペトロヴィッチ(ステファン・プール)

【 管理人のひとこと 】
 殺人鬼が乗客を装ってヒロインを襲う カーチェイスが新鮮
 橋の上の乱闘では、犯人が転落するかなと思ったらハズれた。
 蘇生したヒロインに気付いた東洋人看護婦(Qiufu Yang-Moeller)はコント?

 間違って殺されたラニャ、鉛筆で喉を刺されたペトロヴィッチが憐れ
 結局、ペトロヴィッチは一命を取り留めたのだろうか

 ラストは犯人をトランクに閉じ込め逆走 壁に激突
 ドア開かず、あわや自分も爆死するところをシュタイナー刑事に助けられる。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年01月22日(火)23:22:00
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment