『ガーディアンズ』

ガーディアンズ
ソ連で極秘研究に携わっていた科学者がロシアへの復讐を企て、
嘗てその科学者が遺伝子操作で生み出した特殊能力者たちが
ヒーローチームを結成して立ち向かう...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Zashchitniki
1940年 パトリオット計画
違法な遺伝子操作により特殊能力を持つ兵士を生み出す極秘計画
責任者アウグスト・クラトフ博士(スタニスラフ・シリン)クローン軍
 モジュール1:軍備の遠隔操作
 モジュール2:通信衛星の乗っ取り
  オスタンキノ・タワー 通信装置+フェデレーション・タワー

50年後
エレーナ・ラーリナ少佐(ヴァレリア・シュキランド)
超人チーム結成
レア(セバスティアン・シサク)岩を念動力で操る+鞭
ハン(サンジャル・マディ)高速移動+刃 兄アバイ殺しの過去
アルスス(アントン・パンプーシュニー)熊男+機関砲 完全熊化の危険
クセニア(アリーナ・ラニナ)透明人間 体温を操る 歳は取りません



【 管理人のひとこと 】
 ロシア版『X-MEN』と言うより『ファンタスティック・フォー』かな
 かなりの完成度だ。

 四人一組で敵を倒す。
 ハン曰く「人は尊厳を学べる。真の仲間から」

 気になる...
  クセニアの過去、指輪、アルススとの関係 etc
 続編必須のエンドロール
  ラーリナ曰く「”パトリオット”は続く。ガーディアンズは他にもいる」
  「誰の命令だ?・・・フェルム」とは?
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年08月16日(金)00:17:59
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment