『空母いぶき』映画化

空母いぶき(2019年5/24公開予定)
監督:若松節朗 脚本:伊藤和典 長谷川康夫
原作:かわぐちかいじの漫画 
主演:西島秀俊 佐々木蔵之介
漫画を読まない管理人は、当然原作を知らない。
2014年から「ビッグコミック」(小学館刊)で連載を開始
累計発行部数300万部を突破した人気漫画だそうである。
内容
20XX年。日本の最南端沖、国籍不明の漁船20隻が突然発砲、
波留間群島の一部が占領され、海保隊員が拘束された。
未曾有の緊張が走る中、政府は戦後初の航空機搭載護衛艦「いぶき」を
中心とする護衛群艦隊を現場に向かわせる。
空が薄っすらと白み始めた午前6時23分、日本は、
嘗て経験した事のない1日を迎える事になる...

劇場に展示してあった自衛官の衣装(2019.5.11.撮影)
たまたま、ラジオで紹介されていたのを聞いたのだが
その時は『亡国のイージス』みたいな作品かなと感じた。

調べてみると、に『ローレライ』『亡国のイージス』の
原作者 福井晴敏が企画に参加しているとの事で、
合点がいった。

共演者
佐藤浩市 市原隼人 高嶋政宏 玉木宏 藤竜也
益岡徹 和田正人 戸次重幸 吉田栄作 平埜生成 山内圭哉
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年06月02日(日)18:43:50
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment