第91回米アカデミー賞ノミネート作品(2018年度)

第91回アカデミー賞ノミネート作品発表
(米映画芸術科学アカデミー(A.M.P.A.S.))

【作品賞】
『アリー/ スター誕生』
『グリーンブック』
『女王陛下のお気に入り』
『バイス』
『ブラック・クランズマン』
『ブラックパンサー』
『ボヘミアン・ラプソディ』
『ROMA/ローマ』

授賞式はドルビー・シアターで2月24日(日本時間2月25日)開催予定
最多ノミネートは、『ROMA/ローマ』の10部門
『女王陛下のお気に入り』は9部門10ノミネート。
『アリー/スター誕生』が8部門、『ボヘミアン・ラプソディ』が5部門
【主演男優賞】
ヴィゴ・モーテンセン 『グリーンブック』
ウィレム・デフォー 『永遠の門 ゴッホの見た未来』
クリスチャン・ベイル 『バイス』
ブラッドリー・クーパー 『アリー/スター誕生』
ラミ・マレック 『ボヘミアン・ラプソディ.』

【主演女優賞】
オリヴィア・コールマン 『女王陛下のお気に入り』
グレン・クローズ 『天才作家の妻 40年目の真実』
メリッサ・マッカーシー 『ある女流作家の罪と罰』
ヤリツァ・アパリシオ 『ROMA/ローマ』
レディー・ガガ 『アリー/スター誕生』

【助演男優賞】
アダム・ドライバー 『ブラック・クランズマン』
サム・エリオット 『アリー/スター誕生』
サム・ロックウェル 『バイス』
マハーシャラ・アリ 『グリーンブック』
リチャード・E・グラント 『ある女流作家の罪と罰』

【助演女優賞】
エイミー・アダムス 『バイス』
エマ・ストーン 『女王陛下のお気に入り』
マリーナ・デ・タビラ 『ROMA/ローマ』
レイチェル・ワイズ 『ビール・ストリートの恋人たち』
レジーナ・キング 『レディ・バード』

グレン・クローズの主演女優賞は7度目のノミネート
サム・ロックウェルは昨年に続き助演男優賞ノミネート
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年02月27日(水)02:45:34
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment