『ママレード・ボーイ(2018年版)』

ママレード・ボーイ
両親がパートナーチェンジして再婚
連れ子が恋愛に発展、そこに兄妹疑惑が浮上して...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:吉住渉のコミック
舞台:桐稜高校

小石川光希(桜井日奈子)=マスタード・ガール
 地元の大学進学
 父 仁(筒井道隆) 母 留美(檀れい)
 親友 秋月茗子(優希美青)英語教師 名村先生(竹財輝之助)と恋愛
  名村引責辞職 広島の実家 不動産業継ぐ
  高校卒業後、茗子が後追い
 幼馴染み 須王銀太(佐藤大樹)テニス部

松浦遊(吉沢亮)=ママレード・ボーイ
 転校し、光希と同じクラスに
 元カノ亜梨実(遠藤新菜)3ケ月の付き合い
 京都工芸繊維大学に進学
 父 要士(谷原章介) 母 千弥子(中山美穂)
 実父疑惑 三輪由充(寺脇康文)建築家
  千弥子が秘書時代関係 4ケ月で流産
  息子悟史(藤原季節)遊の兄かも!???

【 人物相関図 】 (クリックで開閉)
『ママレード・ボーイ』 人物相関図



【 管理人のひとこと 】
 両親がパートナーチェンジ 二カップルがシェアハウスという凄い設定
 実はハワイで再会 大学時代の元カップルに戻ったという裏事情があった

 若手4人がテニスラリーを披露 本当に上手いんだ
 自宅や学校周辺、京都の下宿、旅先何処もロケ地の景色が素晴らしかった
 挿入歌:カーペンターズの「愛は夢の中に(I WON'T LAST A DAY WITHOUT YOU)」
 アン・ルイスがカバーが良い

関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年05月11日(土)22:50:53
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment