Facebookページプラグイン

4 月 2 日の Google+サービス終了 に備えて、サイドバーのGoogleバッジを
Facebookページプラグインに差し替えた。

作成はこちらから
ページプラグイン - ソーシャルプラグイン - ドキュメンテーション - 開発者向けFacebook

作成自体は、コードを取得して貼り付けるだけなので簡単なのだが、
ページプラグインの作成画面でプレビューが表示されなかった。

原因は公開範囲の制限にあった。

1.公開範囲 ○このページは公開されています
ページを非公開にするにチェックが入っている場合はチェックを外す
2.国別制限 ○誰でも見ることができます
指定した国のユーザーに非表示にするを選択
3.年齢制限 ○誰でも見ることができます
誰でも(13歳以上)以外が選択されている場合は、誰でも(13歳以上)を選択


管理人は、「国別制限」を日本のみにしていた為、表示されなかった。
参考サイト:HP等に「Page Plugin」が表示されない場合の対処法

[プラグインがはみ出る場合]

ページプラグインには、レスポンシブレイアウト、可変レイアウト、固定レイアウトを使用できます。
親要素の width の設定にはメディアクエリやその他の方法を使用できますが、次の点にご注意ください。
 • プラグインの width はページの読み込み時に決定されます。
 • ページの読み込み後は、ボックスモデルを変更してもプラグインのサイズは変更されません。
ウィンドウのサイズ変更に合わせてプラグインの width を調整する場合は、
プラグインを手動で再表示する必要があります。


対処法はこちらのサイトに:FacebookのPagePluginをレスポンシブのリサイズに対応させる方法

[追記](H31.4.1.)
この記事の後、Facebook のリーチ数が増えた(感謝)
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年04月03日(水)06:08:16
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment