『ギャングスタ(2018年版)』

ギャングスタ



ギャングの大物になる事を夢見る幼馴染みのチンピラ四人に、
麻薬密売の大物の仕事を手伝うチャンスが訪れ、麻薬戦争を引き起こす...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Patser
舞台:ベルギーの大都市アントワープ郊外
一部 実話に基づくお話

幼馴染みのチンピラ四人組”四銃士”
 アダモ(マッテオ・シモーニ)グチの帽子にナイキの靴
  10歳の時、コンビニで両親 強盗に殺される
 バディア(ノラ・ガリブ)キックボクサー ベルギー王者に
  父ファリド(Noureddine Farihi) ピザ店経営 モロッコ製品の”輸入業”  
 ヴォルト(サイード・ボーマズーヘ)ソーシャル・ワーカーに
 ジュネス(ジュネス・ラサール)ブレイクダンス イギリス人女性とツアーに



”スカーフェイス”トニ・モンタナ、ドン コルレオーネに憧れ
ヴァンダムの強さとアインシュタインの知能を得た気分

マリーのコカイン80kg 横流し 3割引で売り大儲け
モロッコで豪遊 オランダのギャング 神風ハッサン(アリ・B)トラブル

協力者
 幼馴染みの警官 ヤセル・ダクスマン警部補(ナビル・マラット)
 車整備工 アジズ

麻薬密売
 オランダの大物ギャング オーランド・マリー(Werner Kolf)バディアに一目惚れ
  女殺し屋アザール(Donnya Zidan)随行
  神風ハッサン(アリ・B)と覇権争い
 
 コロンビアのカルテル 全員目にモザイク入り
 女ボス
  殺し屋二人組ラウム トン・ボー送り込む ファルドのピザ屋爆破

 人種差別主義者の汚職警官二人組
  アダモらがアジズの整備工場に隠していたコカインと金を横取り

七つの大罪
 1.怠惰 2.嫉妬 3.強欲 4.肉欲 5.暴食 6.憤怒 7.高慢



ラスト
 マリー、横取りした汚職警官二人組を抹殺(警官殺しもなんのその)
 マリー、コロンビアのカルテル殺し屋にやられる
 バディア拉致吊るされる ヴォルト・ジュネスに焼き印
 銃撃戦 ヤセル警部補とハッサン相撃ち

【 管理人のひとこと 】
 監督のアディル・エル・アルビとビラル・ファラー コンビは
 本作のヒットでハリウッド大作『バッド・ボーイズ』シリーズ第三作の監督に抜擢
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年05月01日(水)10:20:52
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment