『羊と鋼の森』

羊と鋼の森
高校時代にピアノの音に魅せられた青年が、
ピアノと真摯に向き合う調律師として成長していく姿を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:宮下奈都 第13回本屋大賞受賞
舞台:北海道

外村(とむら)直樹 (山崎賢人) 高校時代にピアノの音に魅せられ調律師になる
 祖母 外村キヨ(吉行和子)直樹を応援
 弟 外村雅樹(佐野勇斗)兄にコンプレックス
 調律師学校 2年(整調・整音・調律)を経て、江藤楽器に就職
 コンサート・チューナー目指す

江藤楽器
 事務員 北川みずき(堀内敬子)
 調律師 板鳥宗一郎(三浦友和)
  詩人 原 民喜(はら たみき) 「砂漠の花」から引用
 秋野匡史(光石研)元ピアニスト
  飛び落ちる夢見続け4年で転向
 柳伸二(鈴木亮平)バンドでドラマー メトロノーム好き
  恋人 濱野絵里(仲里依紗)と挙式


 佐倉姉妹
  姉 和音(かずね)(上白石萌音)努力型 ピアニストに
  妹 由仁(ゆに)(上白石萌歌)天才肌 コンサートで弾けなくなる 調律師に

 上条真人(城田優)ジャズバーで演奏するプロピアニスト
 南隆志(森永悠希)半ゴミ屋敷に住む 両親事故死 愛犬死去
  14年間調律していないピアノの調律依頼

【 管理人のひとこと 】
 タイトルから、連続殺人事件ものみたいな作品かと思ったら全然違った。
 「羊」はフェルトのハンマー 「鋼」は弦 「森」は調律師のイメージだった

 チラシの山崎賢人の表情から、『満月のくちづけ』時代の深津絵里を思い出した
 音楽には無縁の管理人だが、調律費用は結構するんだろうなぁ。。。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年05月01日(水)09:58:21
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment