「2019年本屋大賞」

全国の書店員が「最も売りたい本」を選ぶ第16回「本屋大賞」の受賞作品が
4/9発表された。
大賞作品:瀬尾まいこ 著 『そして、バトンは渡された

【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された
瀬尾まいこ
文藝春秋
売り上げランキング: 1

今回は一次投票には全国493書店より623人が投票。
二次投票では、308書店 書店員371人が、
ノミネート作品を全て読んだ上でベスト3を推薦理由と共に投票。

管理人は一時期(2006年頃)、瀬尾まいこにハマり、数冊読んでいる。
第二位 小野寺史宜
ひと
第三位 深緑野分
ベルリンは晴れているか
第四位 森見登美彦
熱帯
ひとベルリンは晴れているか (単行本)熱帯
第五位 平野啓一郎
ある男
第六位 木皿泉
さざなみのよる
第七位 三浦しをん
愛なき世界
ある男さざなみのよる愛なき世界 (単行本)
第八位 知念実希人
ひとつむぎの手
第九位 芦沢央
火のないところに煙は
第十位 伊坂幸太郎
フーガはユーガ
ひとつむぎの手火のないところに煙はフーガはユーガ
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年04月11日(木)00:35:53
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment