『最低。』

最低。
各自様々な事情を抱えてAV業界に関わりを持つ
女性たちの姿を三者三様に描いた群像劇...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:紗倉まな
橋口美穂(34)(森口彩乃)AV出演 父の臨終に立ち会えず
 昔から安定志向 「私らしいって何? 私って何なの??」
 夫 健太(忍成修吾)子作り反対
 マネージャー(斉藤楊一郎)
 姉 美沙(江口のりこ)
  父が昏睡状態入りした日に、自分が不倫相手の子を妊娠した事を知る
 父 病床 モルヒネで痛み止め



彩乃(25)(佐々木心音)AV女優
 「戻るなんて事、出来る訳ないでしょ。そういう仕事しているの私」
 母 泉美(渡辺真起子)釧路
 妹 さやか(紅甘) 大学生
 日比野(森岡龍)月刊「ゴブリン」編集者
  「人格は人間に生まれ変わった回数で決まる」説
  彩乃は「あたし、多分人間一回目です」
 相手役のAV男優(川瀬陽太)
 疲労・貧血で倒れ搬送された病院が、美穂の父親が亡くなった病院

本間あやこ(17)(山田愛奈)高校3年B組 仏美術展入賞
 母 孝子(高岡早紀)出産前AV女優 自由奔放

父=美穂の父 同じ画家好き(あやこと美穂は異母姉妹)


 ポーランドの画家 ズジスワフ・ベクシンスキー(1929年~2005年)
 祖母 知恵(根岸季衣) 「cafe chie」経営
 男子クラスメイト ケンちゃん
 女子クラスメイトの一人(小川あん)

ラスト
 彩乃「日比野さん、私ね...」

【 管理人のひとこと 】
 その他注目は、 彩乃の妹さやか(紅甘)、あやこの担任(朝見心
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年06月11日(火)00:11:01
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment