『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z 第10弾』

第10弾 新潟県・越後湯沢 ~ 山形県・山形市 マドンナ: 水野裕子(37) 成功
本放送: 2019 年 6 月 29 日(土)
乗車バス 23本 走行距離 約432km 合計運賃 12,320円
徒歩距離 約37.2km(前回より10kmプラス)



羽田は、「ポシェ太郎」(日替わり 黒・黄・白・灰)のTシャツを着て参戦
毎夕のビール一気飲みはピッチが早過ぎ、そのうちクレームになるかも...
存続の危機が囁かれながらも、早10弾です。
これまでの通算成績 5勝4敗の勝ち越し

今回のルートは距離は短いが、徒歩が多かった。

[一日目]
湯沢駅前-六日町駅角-小出(こいで)営業所前-小千谷(おちや)駅角
昼食:「萬盛庵」へぎそば
観光(タクシー移動):「錦鯉の里」(入館料 510円)15種200尾
小千谷地下道の出入口が鯉の形

長岡駅前-東三条駅前~徒歩:4.5km(ホテル探し)~燕三条駅前
宿泊:「燕三条ワシントンホテル」
夕食:「旬彩創和 ぜんてい」

[二日目]
燕三条ワシントンホテル~徒歩:約2.2㎞~燕駅-白根(しろね)桜町-
新潟駅前-万代シテイ-新発田(しばた)営業所-上荒沢(かみあらさわ)

バスセンターの昔懐かし黄色いカレー

昼食:「万代そば」立食いカレーライス

~徒歩:約11km~山本-関川村役場前
 田中「こうなりたくないと思っているのに、なっちゃうんだよなぁ」
 11kmの徒歩後の一言「バス最高!」(異口同音)
 水野「(汗で)びしょびしょ、、、どころか泥々」

宿泊:「光兎の宿 あらかわ荘」(休日に拘わらず送迎)
温泉
 田中「旅はこうでなくっちゃ」
 羽田「温泉入ってゴール出来なかったら、目も当てられない」
夕食:「ファミリーレストラン メイク」テンダーロインステーキ 5,990円!!

[三日目]
下関営業所-村上営業所-北中-勝木(がつぎ)営業所-
観光:町家造り「千年鮭 きっかわ」

水野裕子 Twitter
放送前で言えなかったのがとてももどかしかったのですが、先日の地震(6/18)のまさに震源地のすぐ近くを通過し、一番揺れの大きかった地域でのロケでした。バス会社の皆様をはじめ、街中でも多くの方々にたくさん助けていただきました。一刻も早く皆様の街が元気になることを心よりお祈りいたしております。


鮭の天井吊り1000匹



吉永小百合に倣ったポーズ

北中:「大滝小太郎商店」(蛭子のサイン 2010.8.13.日付)
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第7弾 で寄る(四日目)(2010年)
マドンナ:中山エミリ 失敗

府屋(ふや)中町~徒歩:約5km~伊呉野(いぐれの)-あつみ温泉駅-
塩直売「吉野屋」には寄らず、先を急ぐ 県境超え 新潟県 → 山形県「ぴょ~ん」
昼食:足湯カフェ 「チットモッシェ」(方言 ちょっとおもしろい)
 田中「ご褒美ないと、やってられないっすよ」

エスモールバスターミナル-清川八郎記念館
水野「歩かないルートを探すんじゃなくて、歩いて繋がるんだったら歩こう」
~徒歩:約2.9km(雨 18℃)~川の駅・最上峡くさなぎ
宿泊:「高見屋 最上川別邸 紅」(草薙温泉)
夕食:コンビニ(Daily YAMAZAKI) カップ麺 おにぎり

[四日目]
川の駅・最上峡くさなぎ(AM11:10出発)-古口(ふるくち)駅
~徒歩:約9km~本合海(もとあいかい)局前-上金沢(かみかなざわ)
道の駅とざわ モモカミの里 高麗館 韓国と交流
新庄駅前-さくらんぼ東根(ひがしね)駅前-天童バスターミナル-山形駅前
東根:見事な全アーチの虹出現 最終バス三連打

前回(マドンナ:真琴つばさ)同様、マドンナが、リーダーシップを発揮
マドンナが先頭に立って田中・羽田コンビをリードするパターンが定着しそう!?
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年09月29日(日)02:49:54
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment