『ザ・アウトロー』

ザ・アウトロー
犯罪都市LAを舞台に、重犯罪特捜班 VS 強盗集団との
闘いを描くクライム・アクション

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Den of Thieves(泥棒たちの隠れ家)
舞台:犯罪都市ロサンゼルス
銀行強盗発生件数:年間2400回 週44回 1日9回 48分毎

郡保安局重犯罪特捜班
ニック・オブライエン(ジェラルド・バトラー)
 妻デビー(ドーン・オリヴィエリ)浮気バレ離婚 メール誤送信で発覚
  叔母宅へ
  デート相手(コーリー・・スコット・アレン)
 娘マケーナ(エル・ウィットフィールド)キャサディ(マデリン・ラザル)
班員
 トニー・Z(カイウィ・ライマン )
 マーフィ(ブライアン・ヴァン・ホルト) ガス(モ・マクレー)
 殉職ボラッチョ(モーリス・コンプト)
FBI ロブのボブ(ジョーダン・ブリッジス)

銀行強盗団
レイ・メリーメン(パブロ・シュレイバー)8ケ月前に出所
「捕まらない」宣言
仲間
エンソン・ルヴォー(カーティス・“50セント”・ジャクソン)
 妻マリア(ソーニャ・バルモレス)
 娘マロア(アリックス・ラプリ)-彼氏ローランド(ブランドン・オールストン)
ボスコ・ペッカーウッド(エヴァン・ジョーンズ)
マーカス・ローズ(マルクス・ラボイ)銃撃戦死亡
マーク(クーパー・アンドリュース)遠隔指示

ドニー・ウィルソン(オシェア・ジャクソン・ジュニア)
 運転手 抜群の運転テクニック
 バーテンダー 情報収集
 バー店主ジギー(エリック・ブレーデン)

連邦銀行襲撃計画
これまで53回失敗 狙うは廃棄札3000万ドル
札カウンター係ルイジー(マリーク・ストローター)

ピコ・リベラ銀行を白昼堂々襲撃 下水道から逃走
奪った装甲車・見せ金を使い、連邦銀行潜入
紙幣のカゴに隠れ、停電・EMD攻撃で監視カメラ攪乱
廃棄札をゴミ袋に詰め排出 ピザの配達係に化け逃走

【 以下ネタバレ注意 】  ご覧の際は反転にて 
犯人は絶滅 お金は戻ってこない
実は、本当の首謀者兼計画立案者はドニーだったのだ。
二日後に店を辞め、今度はロンドンでカモを探す...


【 管理人のひとこと 】
主演のジェラルド・バトラーは製作にも参加
銃撃戦シーンはマイケル・マン監督の『ヒート』(1995年)を彷彿とさせる緊迫感
「重犯罪特捜班」と言うと、ロイ・シャイダー主演の傑作クライム・アクション
重犯罪特捜班 / ザ・セブン・アップス』(1973年)を思い出す。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年07月01日(月)04:15:22
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment