『止められるか、俺たちを』

止められるか、俺たちを
1960~70年代、日本のアングラ文化を牽引した若松孝二監督らの
青春と狂騒の日々を一人の若い女性助監督の目を通して綴る...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)
舞台:1960~70年代の若松プロ

若松孝二(33)(井浦新)映画監督
秋山道男(オバケ)(タモト清嵐)
 「エネルギーの貯金を使い果たした」退社
吉積めぐみ(21)(門脇麦)助監督志望
 高間賢治(伊島空)撮影助手
  Wけんじ 福間健二(外山将平)
 篠原美枝子(中澤梓佐)ルームシェア
 
足立正生(山本浩司)助監督
 『赤軍-PFLP 世界戦争宣言』
 若松孝二とパレスチナで撮ったフィルムを携え赤いバスで全国行脚
小水一男(ガイラ)(毎熊克哉)
沖島勲(岡部尚)大和屋竺(大西信満)
ミキサー助手福ちゃん(満島真之介)

松田政男(渋川清彦)
赤塚不二夫(音尾琢真)

荒井晴彦(藤原季節)管理人のイメージは脚本家
監督 大島渚(高岡蒼佑)
男優 吉澤健(高良健吾)本人はカプリコンマスター役で出演

葛井欣士郎(奥田瑛二)ATG映画の製作者
ばあ まえだ ママ前田孝子(寺島しのぶ)

吉積めぐみ 妊娠6ケ月 睡眠薬とウイスキーで自殺
賢治は北海道に鉄道写真を撮りに行っており、帰って来てめぐみの死を知る



【 管理人のひとこと 】
管理人の知っている若松孝二は1980年代 内田裕也や原田芳雄の作品を
撮っている頃。井浦新がよく喋りまくる役は珍しいのでは。

吉積めぐみは実在の人物
門脇:「冷静に考えた時に、めぐみさんも若松プロを深く知らずに
映画に携わりたくてポンッと入った女の子なので境遇は似ている。
私が皆さんの絶対に届かないものに追いつこうという気持ちと、
めぐみさんが若松監督の絶対に届かない背中を追い続けていた事も
リンクする。その気持ちを通せば、成立させられるかもしれないと思いました。
あとは、めぐみさんの写真を毎日見て、どうか私に力をくださいと祈っていました」

関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年07月27日(土)08:12:39
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment