『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』

バッド・ジーニアス 危険な天才たち
中国で実際に起きた集団不正入試事件をモデルに、
集団カンニング計画に挑む高校生たちの群像を描く...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

英題:Bad Genius
リン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)小学1年からオールAの秀才転校生
 父(タネート・ワラークンヌクロ)教師
 手法:ピアノコード 報酬:1科目3,000バーツ

カンニング仲間
グレース(イッサヤー・ホースワン)
パット(ティーラドン・スパパンピンヨー)
バンジョン(パシン・クワンサタポーン)

もう一人の特待生
バンク (チャーノン・サンティナトーンクン)実家クリーニング店
カンニングがバレ留学資格取消

校長(サリンラット・トーマット)



STIC(国際的な大学入試のテスト)のカンニングに挑む 報酬60万バーツ
リン、バンクが先にシドニーで受験 4時間の時間差を利用
問題を50問ずつ暗記しトイレ休憩の時間を利用し携帯電話から回答送信
タイの印刷所で鉛筆にバーコード貼付け バイク便で配達

【 管理人のひとこと 】
リン、バンクの解答は完璧だったんだぁ。本当の秀才
賢者、策に溺れる
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年08月10日(土)02:06:26
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment