『覚悟はいいかそこの女子。』

映画「覚悟はいいかそこの女子。」
イケメンの“愛され男子”が人生初の彼女として
狙いを定めたのは難攻不落のクールビューティーだった...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:椎葉ナナのコミック
舞台:神奈川県立汐美高校

古谷斗和(ふるやとわ)(中川大志)”愛され男子”
 観賞用男子=恋愛経験ゼロという“超ヘタレ”
 父(矢柴俊博)福岡単身赴任
 母(とよた真帆)

DDD同盟
新見律(伊藤健太郎)澤田惟智也(甲斐翔真)久瀬龍生(若林時英)

三輪美苑(唐田えりか)難攻不落のクールビューティー
 コーポ熊谷202号 美大進学志望
 夜 パン工場バイト 帰宅 PM9:00
 父 挿絵画家 9歳の時、脳梗塞で亡くなる
 母 水商売 6年前から借金
  借金取り 荒木彰 (荒川良々)
 クラスメイト 倉沢さくら(浅見姫香

アプローチ
 壁ドン告白
 三輪の隣室に引越し・合宿代の為、荷物運びバイト
 宿泊合宿 天体観測で告白予定

柾木(まさき)隆次(小池徹平)副担任 美術担当
 父 北海道 具合が悪く、3学期で退職
終業式を抜け出し、高熱の美苑を、空港に向かう柾木先生に会せる。



【 管理人のひとこと 】
「大人になったら、俺も好きな人の為に、一杯出来るようになれるか?」
「大人は何も出来ない。只、一人で決められるだけだ」
「お前たちの方が、何だって出来る」
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年08月16日(金)10:55:27
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment