『Vision』

Vision
紀行文を執筆しているフランスの女性エッセイスト ジャンヌは、
「ビジョン」と呼ばれる薬草を探し、奈良県吉野地区の森を訪れる...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

河瀨直美監督の長編劇映画第10作目

舞台:奈良県吉野地区

智(48)(永瀬正敏)山守20年 独身 トマト・キュウリ嫌い
 「山は賑やかだな」
 犬 コウ 鈴と共にいなくなり、亡くなって戻る
アキ(夏木マリ)盲目

ジャンヌ(ジュリエット・ビノシュ) 仏の紀行エッセイスト
 幻の薬草「Vision」探し
 ガイド 花(美波)「祖母の所に行かなくちゃいけない」ので退場
鈴(りん)(岩田剛典 『パーフェクトワールド 君といる奇跡』)足怪我 救助される

源(田中泯 特別出演)鹿狩り
 岳(森山未來)を誤射
「死は長い眠りの一部」

岳とジャンヌの赤ん坊=鈴(りん)
ジャンヌが産み落としたのをアキが拾い、
岳(遺影が飾られていた)の親夫婦(白川和子・ジジ・ぶぅ)に託す

春日神社の絵
アキ・岳の舞-山火事
幻の薬草vision 胞子の飛散 997年(素数)周期=今年の秋~冬
「人類のあらゆる精神的な苦痛を取り去る事ができる」
「愛は波のよう。止まっていながら、動いている」

【 管理人のひとこと 】
ジャンヌは、智と仲の良い鈴に嫉妬しているようだったが、
実は、自分の息子だったのだ。


花ちゃんには、もう一度、登場して欲しかったな。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年08月20日(火)23:58:40
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment