『嘘はフィクサーのはじまり』

嘘はフィクサーのはじまり
上流社会に食い込みたい自称フィクサーのノーマンが、
NY訪問中のイスラエル人政治家エシェルに近付き、知己を得るが...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Norman: The Moderate Rise and Tragic Fall of a New York Fixer
ノーマン・オッペンハイマー(リチャード・ギア)
 巧みな話術で人脈を作り、伸し上ろうとする仲介屋
 ナッツアレルギー
 甥フィリップ・コーエン(マイケル・シーン)若手弁護士
  韓国人女性ニコール(ハンナ・ヤン)と挙式
 ラビ ブルメンソール(スティーヴ・ブシェミ)
   教会 礼拝堂立ち退き話 買取1,400万ドル

ミカ・エシェル(リオル・アシュケナージ)イスラエルの政治家
「妥協の対極にあるのは、理想でも誠実さでもない。過激主義と死だ。
 人生は妥協の連続だ。それを実践して来たから、私はこの地位にいる。」
 妻ナオミ(タリ・シャロン)ノーマンを怪しむ
 補佐官デュビー(イェフダ・アルマゴール)
  秘書ハンナ(ネタ・リスキン)

アレックス・グリーン(シャルロット・ゲンズブール 久々)
 イスラエル領事館法務部アメリカ支部 検察官

著名投資家
ジョー・ウィルフ(ハリス・ユーリン)
 秘書ビル・カヴィシュ(ダン・スティーヴンス)ランニング中を待ち伏せ接近
アーサー・タウブ(ジョシュ・チャールズ)食事会門前払い

スラル・カッツ(ハンク・アザリア)以前のノーマンと同じように接近作戦

第1幕 最初の一歩
 高級靴1192.18ドル自腹でプレゼント
 売り場員(イザック・ド・バンコレ)
第2幕 賭けるべき馬
 3年後、数々の支援の結果
 エシェルがイスラエルの首相に
第3幕 名もなき支援者
 礼拝堂退去の危機 1400万ドル必要
第4幕 和平への代償
 エシェル首相のNY実業家=ノーマンとの癒着疑惑
 ノーマン 証言しないと約束=ナッツを食べる
  ・ エシェル首相 和平協定締結
   息子(サギ・シャハル)ハーバート大学入学
  ・ ジョー・ウィルフは一晩で巨額の富 天然ガス会社の株空売り
  ・ ラビは礼拝堂死守 名もなき支援者により(プレート)

【 管理人のひとこと 】
スルール・カッツは、マスコミ人かと思ったら、”第二のノーマン”でした。
ノーマンの素性(住まいや家族など)を、殆どの人が知らなかったのが哀しい。
私用携帯を水槽に投げ捨てたエシェル首相の真意は...ノーマンへの友情は無かったのか
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年08月31日(土)16:26:30
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment