cinema-days 映画な日々

『生きてるだけで、愛。』

2019/09/03
趣里 菅田将暉
生きてるだけで、愛。 通常版 [DVD]
生きてるだけで、愛。
鬱による過眠症で引き籠り状態の女性と、そんな彼女と
離れられない雑誌編集部員。二人の痛々しくも
繊細な愛の行方を描く...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:本谷有希子

【スポンサーリンク】
北口寧子(やすこ)(趣里) 鬱による過眠症で引き籠り
 「生きているだろで、疲れる」
 「自分の何かか、皆に見抜かれている」
 針が振り切れると走り出す 最後は全裸に
 姉にケータイで愚痴る(姉妹の距離感が実にリアル)

バイト先 カフェバー
優しいのだが、表面的に家族を装う ウォッシュレットの恐怖
 店長 村田(田中哲司)
 妻 真紀(西田尚美)
 店員 莉奈(織田梨沙 『秘密 THE TOP SECRET』)引き籠り3年 照れ屋
 友人(廣瀬菜都美)酔っ払ってる寧子を介抱する三人の友人の内の一人

津奈木(菅田将暉)ゴシップ誌週刊「サタデーナイト」編集者
 小説家志望 寧子とコーポ吉田 同棲3年 「青いスカートが揺れているのが綺麗だった」
 即ごめんと謝る 「津奈木の言葉は、気持ちじゃなくて、私を納得させる為の言葉」
 元カノ 安堂(仲里依紗)寧子にバイト紹介
 美里の没原稿の五輪記事を差し替え入稿 パソコンを窓から投げ捨てクビに

 編集長 磯山(松重豊) 記者(斉藤陽一郎)井川(水間ロン)
 同僚 美里(石橋静河 『うつくしいひと』)マンガ家志望 2年目
  以前、自分の記事で自殺者が出てトラウマ

津奈木と寧子

【 管理人のひとこと 】
寧子の心情が哀しい
「あんたが、別れたかったら、別れても良いけど、私は、私とは別れられないんだ一生」
「多分、私たちが本当に判り合えたのは、ほんの一瞬くらい。
 でも、そのほんの一瞬だけで、私は生きている」

メンタル的に常軌を逸している人総出演!?
元カノ 安堂は就業している事を強調しているが、
一体、どんな仕事をしているの? やはり水商売かな

その後、二人はどうなっていくのか...
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[ア行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[ア行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook