『引っ越し大名!』

引っ越し大名!
藩の国替えの命を受け、引越し奉行となった書庫番が、
幼馴染みの御刀番と前引越し奉行の娘の協力を得て
2ケ月足らずで完遂させる姿を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原作:土橋章宏
「引っ越し唄」振付・監修:野村萬斎
舞台:天和二年(1682年) 播磨姫路藩→豊後国日田藩永山城(陣屋クラス)
引き渡し 福島藩石田
7年後 出羽山形 8年後 陸奥白河城 加増8万石→15万石

藩主 松平直矩(なおのり)(及川光博)生涯に7回国替え
 五代将軍綱吉の側用人 柳沢吉保(向井理 友情出演)に恥をかかせ飛ばされる
 小姓(こしょう 世話係)綾瀬主水(松岡広大)
国家老 本村三右衛門(松重豊)
次席家老 藤原修三(西村まさ彦)
 公儀隠密の頭 田中衆三郎(和田聰宏)と内通 国替え阻止
 待ち伏せ 鷹村が家宝の“御手杵の槍”(全長3.8m)で大暴れ
 応戦 佐島の伊万里焼の皿投げ放題
江戸留守居役 仲田小兵衛(山内圭哉 『獣になれない私たち』でパワハラ社長役)
門番 小野田真之(斉藤暁)

国替え 豊後国日田藩へ 総距離600㎞
石高:半分以下に減封 7万石
期限:6月20日 猶予2ケ月
必要資金:20,000両 手持資金:3,000両
移動人員:10,000人

書庫番 片桐春之介(星野源)”かたつむり”と揶揄される
 「引越しは戦でござる!」
 母 波津(富田靖子)「こんなに奮発したのは、そなたのお食い初め以来ですよ!」
幼馴染み 鷹村源右衛門(高橋一生) 豪放磊落
 お役を尻込む春之介には介錯申し出る
前引越し奉行の娘 於蘭(おらん)(高畑充希)乗馬姿が凛々しい
 出戻り 子供 音松(鳥越壮真)
 亡き父 板倉重蔵(登場せず)上士に手柄取られ、旅の途中で亡くなる
 春之介と夫婦に 晴れて豊後国日田藩に同伴
 息子 春太郎(元服姿で登場)

協力者
勘定頭 中西監物(濱田岳)借金先探し450軒
 廻船問屋 和泉屋(岡山天音)土下座して8,000両借りる

【 人物相関図 】 (クリックで開閉)
『引っ越し大名!』 人物相関図

人減らし(2000人から600人帰農=武田信玄の策)
祐筆 山里一朗太(小澤征悦)残った藩士を束ねる
 15年後に復職
 北尾俊蔵(ピエール瀧!!)「お前には一時の事でも、わしには一生の事」
 高橋四郎(飯尾和樹)40人棚田に残る
大野の妾(丘みどり 特別出演)演歌披露
人工減らし
 藩士自ら引っ越し作業させる 顔黒塗り

反対派
勘定奉行 佐島竜五郎(正名僕蔵)美術品収集
 思い出せないものは、断捨離
 春之介も「甲陽軍鑑雑記」など蔵書を焼却 4日間で暗記
蛭田源右衛門(中村靖日)厠で春之介を軽んずる

復権
帰農中亡くなった元藩士の墓碑建立
藩士2156名全員揃う「お帰りなさいませ」



【 管理人のひとこと 】
次席家老 藤原修三の陰謀の意図がはっきりしない
憐れ西村は隠密頭の手裏剣を受け絶命

参勤交代2作(12)・サムライマラソン・国替えと、もうネタは尽きたでしょう...
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年09月17日(火)21:21:50
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment

Trackback 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 引っ越し大名!
  • 「超高速!参勤交代」シリーズを手がけた土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」を、星野源主演、高橋一生、高畑充希の共演、「のぼうの城」の犬童一心監督のメガホンで映画化。星野が春之介役を演じ、春之介の幼なじみで武芸の達人である鷹村源右衛門役を高橋、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭役を高畑が演じる。あらすじ:姫路藩書庫番の片桐春之介は人と接するのが苦手で、いつも書庫にこもり書物にあたっていた。幕府か...
  • 2019.09.18 (Wed) 14:36 | 映画に夢中
この記事へのトラックバック
  • 『引っ越し大名!』(2019)
  • 姫路藩主・松平直矩は突然豊後国日田へ国替えを命じられた。しかも石高は15万石から7万石へと半分以下の減封!このお家最大のピンチに”引っ越し奉行”の大役を命じられたのは、コミュ障で本の虫である片桐春之介。突然の大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で剣の達人の鷹村源右衛門や、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭の助けを借り、何とか準備を進めていく。だが此度の国替えの裏には、幕閣の陰謀が潜んでいた。「超高...
  • 2019.09.18 (Wed) 18:48 | 【徒然なるままに・・・】