『いま、輝くときに』再見

いま、輝くときに
将来の夢や目標もなく刹那的に生きていた青年と、家族の為に
働きながら大学進学を目指す少女。高校の卒業を前に出会った
二人のひと夏の恋を綴る...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

初見: 2018. 09. 30
最初に観たのは、約1年前か

サッター・キーリー(17)(マイルズ・テラー)
 高3になっても、未来の事を考えず、”今”が楽しければ良いという楽観主義
 その性格は父親 トミー(カイル・チャンドラー)譲りか
 幾何学アスター先生(アンドレ・ロヨ)の単位を落としそうだったが、何とか卒業



元カノ キャシディ(ブリー・ラーソン)
 未来を考えないサッターから、堅実なマーカス(ダヨ・オケニー)に乗り換え
 サッターを”最高の元カレ”と呼ぶ

エイミー・フィニキー(シェイリーン・ウッドリー)
 酔い潰れて他人の庭で寝ていたサッターと出会う
 幾何学の勉強を手伝い、一緒にプロムに参加。
 未来設計を持ち、母親から独立 卒業後、サッターとフィラデルフィアに行く筈だったが...
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年09月17日(火)21:12:41
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment