防災訓練(2019年 地元)

【地元ネタ】
災害対策基本法第48条基づき行われる市の防災訓練を見学。
場所 : 町内小学校校庭 時間 : 午前9:00 ~ 午前11:00
猛暑を避けて、今年度より9月最終週の日曜日に開催

想  定 : 南海トラフ巨大地震
駿河湾から四国沖付近を震源とする巨大地震が発生
地震規模 : マグニチュード9クラス 当市の震度6強

□ 梯子車を使った高所からの救出

事前に屋上からは救助信号「SOS」を送っていた。
当地の訓練でも、邪魔なくらいドローンが飛んでいた(笑)
終盤は、暑さで撮影に支障をきたしていたようだ。
今年は、いつも見ていない仮設トイレやテントの設置を見ようと思ったら
会場が判らず、見逃してしまった。
職場の訓練では、会場図に訓練項目の番号がふってあって判り易かったのに
当市の会場図にはそれが無かった

□ 車両からの救出

今回、一番迫力があったのが「車両からの救出」訓練。
間近で見学していたら、「一般見学者は離れて下さい」と注意されてしまった(汗)

□ 消火器
ABC粉末消火器(噴射距離:3-6m 噴射時間:18秒)
古くなった消火器の破裂事故などを踏まえ、消火器の規格が変わった。

『加圧式』(ボンベ式)から『蓄圧式』(メーター式)へ
事業所の消火器は、2022年12月31日迄に入れ替えなければならない。
「蓄圧式」のものは、噴射を途中で止める事が出来る。




□ 炊出し
こちらは、婦人会(当市では”女性の会”)の独断場
男性は慣れていなくて、炊き窯にガスボンベを接続するのにも、 四苦八苦。
水は、給水車からポリタンク20Lを使い補給 カレーは1窯に5袋すづ入れていた。

具は、毎年の定番となっているビーフカレー
ご飯が、強め(こわめ)になるのは、止むを得ないのかなぁ...

関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年10月01日(火)00:47:38
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment