『ノクターナル・アニマルズ』

ノクターナル・アニマルズ
アートギャラリーのオーナーとして成功を収めスーザンのもとに、
20年前に別れた元夫のエドワードから、犯罪を題材にした
自作の小説 「夜の獣たち」が届く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Nocturnal Animals(夜の獣たち)
スーザン・モロー(エイミー・アダムス)LAの先端的なアートギャラリーのオーナー
  エドワードの子供中絶
 夫 ハットン(アーミー・ハマー) 夫婦間冷え 浮気
 母 アン・サットン(ローラ・リニー)
前夫 エドワード・シェフィールド(ジェイク・ギレンホール) 20年前に別れた元夫
 小説「夜の獣たち」送って来る

犯罪小説「夜の獣たち」
トニー・ヘイスティングス(ジェイク・ギレンホール)交通妨害に遭い、左前輪パンク
 妻娘を3人組にレイプ殺人される
 妻 ローラ(アイラ・フィッシャー 『お買いもの中毒な私!』 )
 娘 インディア(エリー・バンバー)

犯人3人組
 レイ・マーカス(アーロン・テイラー=ジョンソン)電気修理工・配管工
  リーラと同居
  官選弁護人ジェンクス ダラスの切れ者
 ルー・ベイツ(カール・グルスマン)
 スティーヴ・アダムス”ターク”(ロバート・アラマヨ)スーパー強盗未遂で死ぬ

警察担当
 グレイヴス警部補(グレアム・ベッケル)
 ボビー・アンディーズ警部補(マイケル・シャノン 『テイク・シェルター』 )
  肺癌余命1年 コーパスに娘がいるらしいが...
  殺人者を残したまま死ねない 超法規的処置 逃げようとしたルー射殺
  他の警官たちも、拉致を手伝っていたけど、大丈夫なの!??

トニー VS レイ
 トニー バールで左眼抉られるも、レイを射殺 共倒れ

【 管理人のひとこと 】
 監督のトム・フォードは世界的なファッションデザイナーだそうである。
 管理人はそういった事には疎いので知らない。

 ラスト 待ち合わせのレストランに現れなかったエドワード
 その後、二人は会う事は無かったのだろうか...
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年10月06日(日)01:15:37
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment