『マリオネット 私が殺された日』

マリオネット 私が殺された日
14年前に起きた集団強姦「マリオネット事件」。被害者のミナは名前を変え、
トラウマと戦いながらも少しずつ人生を取り戻していた。
だがある日、彼女を再び悪夢へと誘う1通のメールが届く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

英題: Marionette
「マリオネット事件」(2002年)
被害者:ユ・ミナ(キム・ダミ)大型の眼鏡
 母 ハン・スンジョン(キム・ヨンソン)実家食堂
加害者:キム・ジノ(イ・ジェヨン)仲間5人
エロサイト「マリオネット」輪姦シーンの動画をネット公開
担当刑事:オ・グクチョル警部補(キム・ヒウォン)楊平警察
記者チェ・ギュドン(ソン・ガングク)ハンベク日報にリーク

14年後
ハン・ノリン(イ・ユヨン)ウソン高校教師 ユ・ミナ改名
 婚約者ウヒョク(カン・ジソプ 特別出演)
 マスター=キム・ジノかと思ったら、当人は自殺していた カンファ葬儀場
 オ・グクチョルに調査依頼 刑事退職
  後輩ムン刑事(コ・ギュピル)

生徒ヤン・セジョン(オ・ハニ 『修羅の華』)カラーソックスの女生徒
 被害者かと思ったら、グループのボスだった
 クラス委員長キム・ドンジン(イ・ハクチュ) 父 検事長
 噂を拡散する女生徒スジョン(チェ・ソンジョン)
マスター=チョ・ヨンジェ(チャン・ヒョクチン)携帯から住所特定
 息子(ムン・ジャンビン)小6 父の後引き継ぐ

ハン・ノリン役イ・ユヨンヤン・セジョン役オ・ハニスジョン役チェ・ソンジョン

【 管理人のひとこと 】
 真犯人マスター=チョの息子小6
 実話だというから恐ろしい
 オ・グクチョル元刑事は、ホントに高校生グループ捕まりボコられたのかな
 ラスト グクチョルが14年間持っていた眼鏡をノリンに返却
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年11月17日(日)23:20:08
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment