『サイバー・ミッション』 再見

サイバー・ミッション
オタク系プログラマーで凄腕のハッカー ハオミンは、
覆面捜査官としてサイバーテロ組織に潜入するが...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

初見:2019.02.04.

舞台は、中国 上海とマレーシア クアランプール

今年2月に劇場で観ていたんですね。すっかり忘れていました。
邦人として参加の山下智久は、犯罪組織のボスで能面師役です。
セリフは全編英語。日本人の描き方は、能面とお茶でちょっと変。

スー・イー役リー・ユエンは男勝りのアクションを見せ、
最後は、山ピーの銃弾に倒れるヒロイン役で大注目です。


長谷川京子似のリー・ユエン 1984.6.4.生まれ 35歳

チャオ・フェイ(リディアン・ヴォーン)
 天才ハッカー “ゼブラ”
 ユーロポール サイバー犯罪担当 潜入捜査官 イーサン・ハント風
 「期限が短いほど、報酬は高い」
 相棒スー・イー(リー・ユエン)長谷川京子似

リー・ハオミン(ハンギョン)
 嘗てゼブラを倒した事のある天才ハッカー”海賊船長”
 今回のミッションの為、チャオ・フェイに招聘される
 チョウ捜査官 香港情報安全部

今回の任務
雇い主 犯罪組織ボス タケシ・モリ(山下智久)
 アジアのAI起業家 能面師(顔認証にも使用)
 秘書 マリ(コー・シュー・チング)二階堂ふみ風
 パクのOS「オアシス2.0」ハッキング 買取

パク 事故に見せ掛け殺される
二人はスー・イー人質に取られ、バックドア・コードを
12時間で作成するよう強要される。

金融機関CEO4人を乗せたプライベート機ハイジャック
ユーロの下落を狙う

【 管理人のひとこと 】
タケシ・モリのバックにもっと大物の黒幕がいるのかと思った...
スー・イーのお墓は広大な敷地の中に1つ。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2019年12月22日(日)05:39:09
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment