『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
ベトナム戦争に関する米政府に不都合な事実が記された
最高機密文書を巡り、報道の自由と真実を懸けて闘った人々の姿を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Post
舞台:1971年 ベトナム戦争が泥沼化

ワシントン・ポスト
キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)社主
 亡夫フィル 自殺
 株式公開135,000株×24ドル50セント
ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)編集主幹
 妻トニー(サラ・ポールソン)
フリッツ・ビーブ(トレイシー・レッツ)会長 「自分なら掲載しない」

ベン・バグディキアン(ボブ・オデンカーク)局次長
 元シンクタンク ランド研究所職員
 ロバート・マクナマラ(ブルース・グリーンウッド)国防長官 報告書作成指示
 ダニエル・エルズバーグ(マシュー・リース)からコピー入手
 資料持ち出し 「北ベトナムへの軍事的圧力」1984.11.-12.等4,000ページ47巻
記者
 メグ・グリーンフィールド(キャリー・クーン)
顧問弁護士
 ロジャー・クラーク(ジェシー・プレモンス)

ニューヨーク・タイムズ
エイブ・ローゼンタール(マイケル・スタールバーグ)局長
ニール・シーハン(ジャスティン・スウェイン)敏腕記者

政府から記事の差止要請 機密文書漏洩
最高裁判決 6 VS 3 新聞社側の勝訴
ウォーターゲート事件へ

エンドロール:ノーラ・エフロン(1941年- 2012年)に捧ぐ
メリル・ストリープ出演作品「シルクウッド」「心みだれて」「ジュリー&ジュリア

【 管理人のひとこと 】
負けると知りながら続ける理由
 10% 南ベトナム支援
 20% 共産主義の抑制
 70% 米敗北の不名誉回避

「新聞記事は、歴史書の最初の草稿だ」
「友人か記者を選ぶ」
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年02月08日(土)23:13:02
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
  • 私は大変困惑している。今年の鑑賞作品で、4月からの物を殆どアップできていないのだ。鑑賞ペースが落ちていて書く作品がなかったという訳ではない。逆に本数見過ぎてアップが追いつかないという訳でもない。これはつまり…書く能力が著しく落ちている、ということなのか?忍び寄る老い…?この場でその足音を耳にするなんて、いやはや…なのである。だが、そうも言っていられないので、現在の鑑賞作品に追いつけるよう粛々...
  • 2020.02.12 (Wed) 12:57 | ここなつ映画レビュー