『サムライせんせい』

サムライせんせい
幕末期、投獄の身であった土佐勤王党盟主 武市半平太が
ふと目覚めると、そこはなぜか平成の日本。
老人 佐伯に助けられた半平太は、佐伯家で居候する事に...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:黒江S介のコミック
幕末・明治維新 150周年記念作品
舞台:高知県 土佐藩
タイムスリップ:幕末 文久三年1863年 → 平成

武市瑞山(ずいざん)”半平太”(市原隼人)
 土佐勤王党盟主 投獄 二日後に切腹
 妻 武市冨(奥菜恵)87歳まで生きる

 平成の河原にタイムスリップ
 スーパーでリンゴ万引き!?

役人 山内容堂(永澤俊矢)
 後藤象二郎(西村雄正)
  岡田”人斬り”以蔵役(松川尚瑠輝)
  吉田東洋(螢雪次朗)暗殺

楢崎梅太郎(坂本龍馬)(忍成修吾)
 タイムスリップして6年
 ジャーナリスト長崎夢太郎として生きる

佐伯(橋爪功)あけぼのグループ会長
 学習塾経営 半平太を匿う
 孫 佐伯寅之助(押田岳)先輩のイジメに遭う
 ガールフレンド サチコ(武イリヤ)

塾生徒三人組 レアキャラ探しにあけぼの山で遭難
半平太 未成年15人相手に大立ち回り 警察に事情聴取
寅之助のバイク転倒で過去に戻る
高知銀行 歴代相談役の預かりもの
 寺子屋の絵に佐伯翁と孫 最後の弟子の姿が描かれていた

【 管理人のひとこと 】
偶然か、出演者の名前が昔っぽい人が多い
サチコ役武イリヤは、デビュー当時の川原亜矢子似かな

関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年01月23日(木)03:11:53
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment