『えちてつ物語 ~わたし、故郷に帰ってきました。~』

えちてつ物語 ~わたし、故郷に帰ってきました。~ [DVD]
えちてつ物語 ~わたし、故郷に帰ってきました。~
芸人としての仕事に挫折したヒロインが、
故郷の福井でえちぜん鉄道のアテンダントになる事に...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原案:嶋田郁美 「ローカル線ガールズ」
オール福井ロケ(2017年11月〜12月)
舞台:えちぜん鉄道
二度にわたる事故などで一旦、廃止が表明されながら、
沿線住民らの声で復活した福井県のローカル鉄道の物語

山咲いづみ(横澤夏子)お笑い芸人
 東京で10年 挫折 相方 今井-クライシス竹内と組む
 高校のグアム修学旅行 パスポート申請時 養女と知る
  養父 山咲栄吉 養母 山咲洋子
 兄 山咲吉兵(緒形直人)建築技師辞め、蕎麦屋 久兵衛継ぐ
   嫁(古田耕子)
   娘みう 息子はると

えちぜん鉄道
社長 越智圭祐(笹野高史)
 新婦父の友人として結婚式に参加
 いづみにハンカチを貸す
永平寺口駅駅長 黒川鉄也(山崎銀之丞)
 京福電鉄越前本線事故時、運転予定だった
整備係 南部信也(辻本祐樹)
 3年前妻亡くし 東京から移住 一人娘育てる

アテンダント新人研修
営業開発部長 友坂
リーダー 酒井美由紀(坂本三佳)9年目
研修生 藤本奈緒(萩原みのり 愛知県名古屋市出身)
 鰐淵聡美(安川まり)理系女子



乗客
笠羽和子(松原智恵子)元芸者
 いづみの実母と同僚
心臓病を患った妊婦が産気づき、特別列車で緊急搬送
これもホントにあったお話なのかな!?

【 管理人のひとこと 】
地方の鉄道路線を題材にした「RAILWAYS」シリーズぽい作品
管理人は、2010.5.に永平寺 を訪れている。

「京福電鉄越前本線事故」
平成12(2000)年12月と翌年6月、福井県内の京福電鉄越前本線で電車同士が正面衝突。
12年の事故で運転士1人が死亡、乗客24人が重軽傷を負い、13年の事故では
乗員乗客24人が重軽傷を負った。同年、国交省に廃止届が提出されたが、
運行再開を求める沿線住民の声が広がり、福井県は第三セクターでの存続を決め
14年、「えちぜん鉄道」を設立。翌年、勝山永平寺線として運行が再開された。

関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年01月26日(日)06:06:21
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment