バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅 第二弾



前回(2019.11.13 )の予見が見事的中!! テレ東さんが私の意見を採用してくれたかのよう...

旅バラは終わっても、
「ローカル路線バスとローカル鉄道の乗り継ぎ対決旅」企画は
太川陽介 VS 村井美樹 の形で、定期的に続けて行くといのもありかも...


コース:埼玉県秩父市 西武秩父駅 ~ 栃木県日光市 日光東照宮
チェックポイント
① 群馬県前橋 赤城山麓の牧場 「チーズ工房 スリーブラウン」
 牧場自家製チーズを食べる(幻のチーズ)
② 絶景の吊り橋「けさかけ橋」を渡り、中小大滝(落差96m)へ
 展望台で三人自撮り撮影
バスチーム
太川陽介 土屋アンナ(破天荒モデル) 内山信二 (芸歴32年)
鉄道チーム
村井美樹(鬼軍曹) 馬場ももこ(金沢の暴れ馬) じゅんいちダビッドソン(独立後会社設立)



バスチームでは、初めて「デマンドバス」を利用
デマンドバス=電話で予約すれば、好きな時間にバス停まで来てくれる。
自治体が導入する自主運行バスの一種
使用車両によって「デマンドタクシー」とも呼ばれるそうだから、
かなり、タクシーに近い使い勝手かな

[第一チェックポイント] 赤城山麓の牧場 「チーズ工房 スリーブラウン」
バスチームリード


土屋アンナの好アシスト

[第二チェックポイント] 「けさかけ橋」を渡り、中小大滝の展望台
鉄道チーム逆転


バスチームが「けさかけ橋」を渡るシーンを見たかった。
幅1.2m 長さ51m 傾斜44%だって!!

太川のフェイク 心理作戦
花輪駅で鉄道チームと遭遇:第二チェックポイントの帰り「四時起き」
「これで焦って判断を間違える」


鉄道チームのおさがりタクシー利用

太川リーダーの鉄道チームの進行コース読みは見事だったが、
神戸駅への近道で脇道に入り遠回りしたのが敗因でしたね
「今どこを歩いているのか、わかんなくなっちゃている」

[ゴール] 日光東照宮

ゴール 日光東照宮に到着した両チーム
結果:鉄道チームが4分先に到着

先に到着した鉄道チーム

この対決の勝敗の鍵を握るのは、この2つ
〇 助っ人参戦するメンバー
 体調不良 ・・・ じゅんいちダビッドソン 内山信二
 タクシー代無断使用 ・・・ 馬場ももこ(勝ったから良かったけど)
 こうしてみると、意外と!?土屋アンナは優秀だった(太川に宿泊先のメモを渡すなど)
 「さっき発覚したんですけど、日光東照宮って、動物園だと思ってた」

〇 どれだけ早く歩けるか(笑)
 内山信二は太川&土屋から、遥か置いてきぼり状態でした

[追記](2020.3.10.)
村井:「学生時代から青春18切符で、色々いな所に行ってました。
私はメカとかには詳しくない“ソフ鉄”なんですけど、前はちょっと隠してました。
女子が鉄道好きを公言できる、いい時代になりました」

関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年05月04日(月)19:47:48
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment