『バリスティック』

バリスティック
世界を征服する可能性を秘めた最新暗殺兵器“ソフトキル”を巡り、
元FBIのエージェントと女殺人マシーンが壮絶な死闘を繰り広げる...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Ballistic: Ecks vs. Sever
原題の「Ballistic」は弾道、「Ecks vs. Sever」は主人公の名前

ジェレマイア・エクス(アントニオ・バンデラス)元FBIエージェント
 亡妻 ヴィン(タリサ・ソト)7年前爆死した筈が生きていた
 上司 フリオ・マーティン(ミゲル・サンドヴァル)副長官

ロバート・ガント(グレッグ・ヘンリー)国防情報局(DIA)長官
 超小型暗殺兵器”ソフト・キル”を息子に埋め込みベルリンから盗む
 妻 ヴィン(タリサ・ソト)エクスが死んだと思っていた
 息子 マイケル(アイダン・ドラモンド)
 部下 ロス(レイ・パーク)

シーバー(ルーシー・リュー)マイケルを誘拐
同僚ロスと対マン対決

えぇ~!! マイケルはエクスの子だった

【 管理人のひとこと 】
殺人マシーン ルーシー・リューのアクションが素晴らしい
銃を乱射しても瞬きしない 鶴の折り紙は何か意味があるのか
子供が殺された件が判然としなかった

関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年01月30日(木)01:48:01
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment