cinema-days 映画な日々

『ソローキンの見た桜』

2020/03/29
【邦画】[サ行] 1
阿部純子 イッセー尾形
ソローキンの見た桜 通常版 DVD
ソローキンの見た桜
日露戦争時、愛媛県松山市に実在したロシア兵捕虜収容所を舞台に、
捕虜となったロシア人将校と収容所で働く日本人看護師との
許されざる恋を描く...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原案:青山淳平 「松山ロシア物語」
原作:田中和彦 「ソローキンの見た桜」
舞台:1904年5月 愛媛県松山市ロシア兵捕虜収容所
墓地 98人 亡くなったのは99人 ソローキンの墓がないのは何故!?

所長河野陸軍大佐(イッセー尾形)
室田陸軍中尉(山本修夢)通訳
ハーグ条約の順守 厚遇

捕虜
ソローキン海軍少尉(ロデオン・ガリュチェンコ)密命受け潜入
 旅順陥落 捕虜解放ならず
ワシリー・ボイスマン海軍大佐(アレクサンドル・ドモガロフ)脱走手引き
アレクセイ・クルシンスキー陸軍少尉 ギター弾く
 後年 著作『松山捕虜収容所の日々』

武田蝋燭店
父 武田勇吉(六平直政)ゆいをエリート銀行員 康平と政略結婚させる
母 タケ(戒田節子)
兄 健一郎 右脚失くした帰還兵
弟 健二 戦艦アムールにやられ戦死
武田ゆい(阿部純子 『孤狼の血』)篤志看護師
 同僚 竹場ナカ(海老瀬はな 『築城せよ!』 久々)-砲兵中尉ミハイルから名入り10ルーブル金貨貰う

武田ゆい役阿部純子

現代
倉田史郎(斎藤工)TVディレクター
高宮桜子(阿部純子 二役)後輩
 祖母 高宮菊枝(山本陽子 特別出演)
 武田ゆい=菊枝の祖母

ロシア サンクトペテルブルク
 ソローキンの妹アリョーナの子孫
 ロシア兵捕虜の子孫集合

2つの日記が揃う
ソローキンの日記
10年間送り続けていたゆいからの手紙が、1917革命時死後、1通だけ届き
ゆいと娘ハナ(井上美麗奈)=桜子の曾祖母 の写真が同封されていた。
銀行員の息子もロシア人の息子と知りながらよく認知してくれたものだ
検閲に引っ掛かったソローキンの手紙
『サクラハ トテモ ウツクシカッタ』

ゆいの日記
「桜のおもいで」押し花

【 管理人のひとこと 】
井上雅貴監督の奥様 井上イリーナは製作に参加
ロシア人看護婦ソフィア役で出演
娘 井上美麗奈はゆいの娘ハナ役で出演

釈放証明書の発行は、ボイスマン大佐の骨折りかと思いましたが、
ゆいの懇願で、六平頑固爺までがイッセー所長に頭を下げていたとは
思いませんでした。
室田「ある人が、おまえのために頭をさげて手に入れることができた」
片足兄いが南海座の出入口で通してくれたのも、そういう事だったんですね。

ボイスマン大佐の作戦 アレクセイとミルスキーが囮になり
二人は神戸のフランス領事館に8日間で到着
ソローキンの出航まで濃密な時を過ごす

イッセー尾形はいつも通り、強烈な持ち味を出していましたね
「ソローキンは死んだ。もう捜さんでよし。以上!」
「わしがええと言っとるんじゃ! わしの言うとおりにせんかい! 以上!」

撮影は、松山じゃなくて、徳島の『バルトの楽園』のセットを使って行われたそうです。

バルトの楽園 [DVD]海難1890 [DVD]

齊藤工 活動寫眞館:齊藤工 活動寫眞館・弐拾壱 阿部純子。
【スポンサーリンク】
関連記事
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
     シェアする


同カテゴリ  【邦画】[サ行]
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on Twitter
cinemadays on Facebook