「2020年本屋大賞」

全国の書店員が「最も売りたい本」を選ぶ第16回「本屋大賞」の受賞作品が
4/7発表された。
大賞作品:凪良ゆう 著 『流浪の月

【2020年本屋大賞 大賞受賞作】流浪の月
凪良 ゆう
東京創元社 (2019-08-29)
売り上げランキング: 2

今回は一次投票には全国477書店より586人が投票。
二次投票では、300書店 書店員358人が、
ノミネート作品を全て読んだ上でベスト3を推薦理由と共に投票。

管理人は一時期(2006年頃)、瀬尾まいこにハマり、数冊読んでいる。
第二位 小川糸
ライオンのおやつ
第三位 砥上裕將
線は、僕を描く
第四位 横山秀夫
ノースライト
ライオンのおやつ線は、僕を描くノースライト
第五位 川越宗一
熱源
第六位 相沢沙呼
medium 霊媒探偵城塚翡翠
第七位 川上未映子
夏物語
【第162回 直木賞受賞作】熱源medium 霊媒探偵城塚翡翠夏物語
第八位 知念実希人
ムゲンのi(上)
第九位 早見和真
店長がバカすぎて
第十位 青柳碧人
むかしむかしあるところに、
死体がありました。
ムゲンのi(上)店長がバカすぎてむかしむかしあるところに、死体がありました。
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年04月09日(木)01:20:10
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment