WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の感想をネタバレ有りで記録しています。

 

『日日是好日』

日日是好日(にちにちこれこうじつ)
20歳の典子は、母親からの勧めで、従姉妹 美智子と
毎週土曜日、武田先生から茶道を習う事になるが...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:森下典子のエッセイ
1993年 → 2018年 まで24年間 毎日、同じ事が出来る幸せを描く
「世の中にはすぐわかるものと、すぐわからないものの2種類がある。
すぐにわからないものは、長い時間をかけて少しずつわかってくる」

武田先生(樹木希林)茶道の先生
「お茶はまず『形』から。先に『形』を作っておいて、後から『心』が入るものなの。」
 恩師 篠田先生(写真のみ)
 親戚 雪野(鶴田真由)

典子(黒木華)20差~44歳
 大学生→出版社でバイト→入社試験落ち、30歳フリーライターのまま
 付き合っていた男性の裏切りを知り破談 稽古3ケ月休む
 33歳一人暮らし
 父(鶴見辰吾) 4/5急逝
 母(郡山冬果) 弟(岡本智礼)

従姉 美智子(多部未華子)
 貿易商社就職 三年で退職 故郷で見合い 開業医と結婚




3年目後輩
由美子(滝沢恵)主婦 家の事情で辞める
田所(原田麻由)婦人警官 出産で中断
早苗(川村紗也)美容師 初回所作でひっくり返る

ひとみ(15)(山下美月)高校一年 素質がある



【 管理人のひとこと 】
多部ちゃんは(退職・結婚で)、1時間程度で消えます。
黒木華は何と、24年間も続け、最後は鶴田真由と師範の領域まで到達します。
二人のカラオケ・海辺のシーンが良かった。





黒木華が、鶴見お父さんの幻影を見て、雨の中叫ぶ砂浜は、『花とアリス』に出てきたような...!?
関連記事
【邦画】 [ナ行] カテゴリ内のページ送り】 【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年05月10日(日)16:21:28
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 0 件

Comment 0

There are no comments yet.
 ■ トラックバック一覧 0 件
【時系列ページ送り】