WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の感想をネタバレ有りで記録しています。

 

『カメリア』再見

カメリア
タイ・日本・韓国の3監督が釜山と愛をテーマに
競作したオムニバス・ムービー。

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Camellia
初見:2012.11.19.
新型コロナウイルスによる自宅待機で
過去の作品を見直す編 ⑬(GYAO!)
[1]アイアン・プッシー「IRON PUSSY」
監督:ウィシット・サーサナティヤン(タイ)
普段は冴えない板前の中年男だが、その正体は凄腕の女装スパイ アイアン・プッシー。
“彼女”は自分が愛した男を殺せとの指令を受ける。
このパートはパス

[2]カモメ「Kamome」(0:47-1:31)
監督:行定勲(日本)
我儘女優に振り回される撮影監督のパクは、冬の街を裸足でさまよう日本人女性
カモメと知り合い...

撮影カメラマン パク・ヨンス(ソル・ギョング)
 「闇こそが自由だ。いつも可能性に満ちている」
 黒澤明監督の『七人の侍』敬愛
 「今度もまた、負け戦だったな」 「勝ったのはあの百姓たちだ。私たちではない」

 一晩カモメ(吉高由里子)と付き合い、翌朝、浜辺で一人目覚める
 試写で投身するカモメを見て、崖縁に駆け付けると
 昨夜、買い与えた靴が揃えて置かれていた...
 「もっと早くにあなたに出会ていれば良かった」



[3]ラブ・フォー・セール「LOVE FOR SALE」
監督:チャン・ジュナン(韓国)
脳から取り出した愛の記憶と感情が高値で取引される近未来。
ジェイ(カン・ドンウォン)は恋人ボラ(ソン・ヘギョ)を奪った組織に復讐を開始し...
組織のボス メデューサ=ボラ

関連記事
【邦画】 [カ行] カテゴリ内のページ送り】 【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年05月15日(金)01:06:20
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 0 件

Comment 0

There are no comments yet.
 ■ トラックバック一覧 0 件

【時系列ページ送り】