『バーニング 劇場版』

バーニング 劇場版
ジョンスは幼馴染みのヘミと偶然再会し、裕福な青年ベンを紹介される。
ある時、ベンはジョンスに自分の秘められた趣味を打ち明ける...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

英題:Burning
原作:村上春樹の短編『納屋を焼く』

【あらすじ】
小説家を目指すジョンスは、美しくなった幼馴染みのヘミと偶然に再会し、ヘミがアフリカ旅行で留守の間、
自宅に居るという猫の世話を頼まれる。やがて帰国したヘミは青年ベンを連れていた。裕福な暮らしを送り、
日々遊んでいるんだと話す正体不明の男。ある時、ベンはジョンスに自分の秘められた“趣味”を打ち明ける。
それは古いビニールハウスを選んで燃やす事。そしてこの日を境に、ヘミの姿が消えた...


イ・ジョンス(ユ・アイン)作家志望 バイト暮らし
 好きな作家:ウィリアム・フォークナー
 父 イ・ヨンソク 畜産業者
  2017.7.20.パジェ市役所の職員に暴行 全治6週間
  特殊公務員執行妨害で係争中 懲役1年6ケ月
  納屋にナイフをコレクション
  町内会長(チョン・チャンオク)嘆願書に署名
 母(パン・ヘラ)16年ぶりの再会 借金500万ウォン
 姉 スジン 結婚子持ち

シン・ヘミ(チョン・ジョンソ)幼馴染み 整形美人 パントマイム習う
 7歳の時、”水のない”井戸に落ちジョンスに助けられる
 スーパーの呼び込み等イベントのバイト 景品ピンクの腕時計
 アフリカ旅行 留守中人見知りの猫ボイルの世話頼む

ベン(スティーヴン・ユァン)ナイロビで知り合ったギャツビー
 6-7歳上 車ポルシエを乗り回す グラス(大麻)吸引
 秘められた趣味:二か月毎にビニールハウス燃やす
 実は旅先で女性を誑し込み戦利品をコレクション



【 管理人のひとこと 】
シン・ヘミ役チョン・ジョンソに注目 山崎紘菜に似た雰囲気

沈む夕陽に向かって舞うグレートハンガーの踊りが素晴らしい


ラスト ジョンスは牛を売り払い、ベンを誘い出し、刺殺。
着ていた服を全て脱ぎ捨て、ポルシエを車ごとバーニング
雪がチラつく中、素っ裸でトラックで乗り去る...
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年05月19日(火)23:02:51
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment