『実録・東海道抗争 白と黒』

実録・東海道抗争 白と黒
“渡世に生きる真の侠”だけが任侠であると信じ、任侠道に生きる男
和田一馬。山賀組直参八代目剛島一家総長として、
ゲリラ侵攻部隊を送り込んだ安達会会長とサシで話をする事になるのだが...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:山平重樹
新型コロナウイルスによるステイホームで
過去の作品を見直す編 ⑳(GYAO!)
舞台:静岡県 昭和59年9月~昭和62年3月

四代目山賀組組長・武内一将(小沢仁志 友情出演)
 S60.1.26.抗争死 VS 山崎清和会
山賀組直参八代目剛島一家総長・和田一馬(白竜)”侠客”
 昭和62年3月 本部移転 3年前土地売買1億円
 「俺たちには、生きにくい時代になりましたよ」
若頭 長谷川省吾(成瀬正孝)
本部長 笹野博文(小沢和義)


若頭補佐 広本達也(宮村優) 伊能長次郎(鈴木隆二郎)
組員(川原英之・吉田由一)
若手組員(岡崎礼)半グレ三人組に殺される
お抱え弁護士(影山英俊)

末広一家系相良組安達会会長
河本健司(須賀良)
野崎晃正(藤タカシ)山内に復帰約束して操る
山内真一(松田一三)破門 エンコ詰め
 抵当:ほほえみクレジット
松村(松田ケイジ)不動産屋
 ダイちゃん(野口雅弘)
(江原修)建築現場に放火
 
刑事
長野警部(長沢一樹)
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年06月05日(金)01:23:37
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment