cinema-days 映画な日々

『僕に、会いたかった』

2020/06/10
松坂慶子 山口まゆ
僕に、会いたかった~ [DVD]
僕に、会いたかった
12年前に嵐に遭遇して記憶を失った漁師が、
人の優しさに触れ、過去と向き合う姿を描く...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

【スポンサーリンク】
舞台:島根県隠岐島

池田徹(TAKAHIRO)
12年前、嵐の海難事故で記憶を失い、漁に出られない男
母 信子(松坂慶子)

隠岐島前高校
教師
坂本雄太(秋山真太郎 共同脚本)元留学生
山本先生(川村紗也)英語担当
島留学生
木村めぐみ(山口まゆ)島親 池田

木村めぐみ役山口まゆ
山口まゆ:新作は長渕剛主演『太陽の家』

横山愛美(柴田杏花)島親 高橋(吉野由志子)に反発
 源爺(清水宏)急逝
福間雄一(板垣瑞生)東大医学部目指す秀才
 前の学校でイジメに遭っていた
 教育ママ(宮本裕子)成績が落ちた息子を再度、転校させようと乗り込んで来る

地元生徒
山内武(浦上晟周)漁師の息子
 父(斉藤陽一郎)
永見千夏(小野花梨)軽食屋あすかの娘
 母ゆき(山下容莉枝)

門脇大(小市慢太郎)町医者

生徒たち

何となく予想出来た過去
亡くなった妻 池田由紀子(黒川芽以)
 嵐の夜 池田丸から海に落ち溺死
 めぐみは由紀子の娘=徹の娘だった

【 管理人のひとこと 】
音楽音痴の管理人はEXILEもほぼ知らないので
TAKAHIRO=山田孝之+ムロツヨシに見えた(すいません)

記憶が戻っていない徹が、何故に急に漁に出られるようになったのか
主題歌「天使のはしご」にミムラ主演のドラマ『天使の梯子』を思い出す

由紀子の両親に育てられためぐみが、実父徹の元に高校留学
信子・徹・めぐみの三人で新たな家庭を気付いていく展開だが
12年間育ててくれた由紀子の両親は納得済みなのかな

タイトルから長澤まさみ主演の『そのときは彼によろしく』を連想
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[ハ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[ハ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook