WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の感想をネタバレ有りで記録しています。

 

『仁寺洞スキャンダル -神の手を持つ男-』

仁寺洞(インサドン)スキャンダル
朝鮮王朝期を代表する水墨画家・安堅の作品で
幻の名画と称される“碧眼図”をめぐる
ギャラリー女帝と修復師の騙し合い...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

英題:Insadong Scandal
新型コロナウイルスによるステイホームで
過去の作品を見直す編 26(GYAO!)
ペ・テジン(オム・ジョンファ)ギャラリー「秘門」会長
 美術品闇取引・横流し オークション競売士(チョン・ジン)
 右腕チャン室長(キム・ジョンテ)
 ユン院長(ソン・ジウン)「秘門」代表
 パク議員(イ・ジョング)
 買手 黒田(白竜)

顔料販売クォン・マダム(イム・ハリョン)
贋作工場ホジン社社長(コ・チャンソク)

安堅の幻の名画“碧眼図”(400億ウォン相当)修復依頼
イ・ガンジュン(キム・レウォン)神の手を持つ修復師
 孤児 博打借金臓器提供
窃盗仲間4人組 サンボク(マ・ドンソク)
 紅一点スジョン(チェ・ソンヒョン)
師匠パク先生(ソン・ビョンホ)右手潰される

警察
チェ熱血女刑事(ホン・スヒョン)
 相棒カン刑事(キム・ビョンオク)
 上司パク班長(イ・ボンギュ)



【 管理人のひとこと 】
修復師イ・ガンジュンの復讐劇
天上(チャンドン)寺へ剛花屏風返却 200億ウォン奪取
参考サイト:ストーリー詳細
関連記事
【洋画】 [ア行] カテゴリ内のページ送り】 【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年06月25日(木)02:38:49
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 0 件

Comment 0

There are no comments yet.
 ■ トラックバック一覧 0 件

【時系列ページ送り】