WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の感想をネタバレ有りで記録しています。

 

『いつか家族に』

いつか家族に
サムグァンは一目惚れしたオンナンと結婚。
三人の子どもと幸せな生活を送っていたある日、
11年間育てた長男・イルラクが他人の子では
ないかという噂が流れ...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

英題:Chronicle of a Blood Merchant
原作:中国の作家・余華(ユイ・ホア)の小説『血を売る男』
舞台:1953年 韓国の地方都市 忠清南道公州(コンジュ)市

ホ・サムグァン(許三観 O型)(ハ・ジョンウ)
 亡父 大工
 叔父(母の弟)(チュ・ジンモ)スイカ、芋採り

売血
平和医院 チェ先生(チャン・グァン)3ケ月に1回
パン(ソン・ドンイル)紹介 手土産持参 水をたらふく飲む
グルリョン(キム・ソンギュン)血抜き過ぎ死

ホ・オンナン(A型)(ハ・ジウォン)ポップコーン売り
 親友 故ピョンチュンの妹
父(イ・ギョンヨン)ポップコーン屋
恋人ハ・ソヨン(B型)(ミン・ムジェ)米軍と闇取引
 結婚ソン・ミスク(チョン・ヘジン)
 娘ミジャ(キム・スヨン)スンジャ(イ・ギョンウォン)

イム・ブンバン(ユン・ウネ 友情出演)麦茶売り
 結婚アン(チョ・ジヌン)

1964年(11年後)
オンナンの父は亡くなり、サムグァンがポップコーン屋を継ぐ
長男イルラク(AB型)(ナム・ダルム)
 血液検査の結果ハ・ソヨンの子と判明
次男イラク(ノ・ガンミン)三男サムラク(チョン・ヒョンソク)

ブンバンと再会
特殊メイクで100kgを超える体重に

ハ・ソヨン運転中、意識なくなる
 ムン道士(チョン・ウィガプ)に縋る
 イルラクの祈祷必要 大学までの学費負担申し出

イルラク脳炎で倒れる 入院費4万ウォン
サムグァン 売血に奔走するが間に合わず
オンナン 臓器提供

【 管理人のひとこと 】
ハ・ジョンウ監督第二作・脚本兼務

関連記事
【洋画】 [ア行] カテゴリ内のページ送り】 【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年07月11日(土)20:24:10
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 0 件

Comment 0

There are no comments yet.
 ■ トラックバック一覧 0 件

【時系列ページ送り】