WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の感想をネタバレ有りで記録しています。

 

『8番目の男』

8番目の男
韓国で初めて導入された国民参与裁判
年齢も職業も異なる8人が陪審員団に選定される。
裁くのは証拠も証言も自白も揃った
明白な殺害事件のはずだったが...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

英題:Juror 8
舞台:2008年 ソウル中央地方裁判所
初の国民参与裁判(陪審員制)2008年9月22日

裁判長キム・ジュンギョム(ムン・ソリ『私たちの生涯最高の瞬間』『自由が丘で』)
 部長判事 歴18年 陪審員8名に拘る
裁判所長(クォン・ヘヒョ)マスコミ対策裁判所のイメージアップを狙う

陪審員
1番ユン・グリム(ペク・スジャン)法学部1年 工学部卒二浪
2番ヤン・チュンオク(キム・ミギョン)介護10年
3番チョ・ジンシク(ユン・ギョンホ)代行運転
4番ピョン・サンミ(ソ・ジョンヨン)中学生の子供が待つ主婦 早く帰りたい一心
5番チェ・ヨンジェ(チョ・ハンチョル)財閥会長の秘書室長
6番チャン・ギベク(キム・ホンパ)遺体の消拭30年 退席命じられる
7番オ・スジョン(チョ・スヒャン)3年前まで団地に住んでいた20代の女性
8番 クォン・ナム(パク・ヒョンシク)民事申請課に自己再生申請
 防犯スプレーで特許 サンプルを提出し忘れる



採決① 8番投票せず
 検証①被告人に金槌で殴れるか確認 キム裁判長に当たる
 事件記録簿確認
 検証②現地確認 夜間雷雨の中 被告人の顔が確認できたか
 雨:消防放水車・雷:ストロボで代用
採決② 一旦は有罪に
 給付申請書が被告人の字出ない事が判り
採決③ 満場一致:無罪

被告人カン・ドゥシク(ソ・ヒョヌ)幼時の火事で顔・手火傷(指欠損)
計画的尊属殺人 母親(イ・ヨンイ)を金槌で殴り9階から落とす
メモ「頑張れば、奇跡は起こる」

検事(イ・ヨンジン 『ブーメランファミリー 』)
弁護人(ソ・ジノン)
幻の清掃員(キム・ソニョン 特別出演)8番を被告人牢に導く

証人
①チョン・ヨンドク(チョン・ドウォン)中部警察刑事
②ペ・スンピル(ユ・スヌン)団地の警備員
③ユン・クムジュ(コ・ソヒ)住民センター職員
④イム・ウチャン(キム・ハクソン)法医学者
⑤チョ・ヨンベ(ヨム・ドンホン)叔父(母の弟)
⑥カン・ソラ(シム・ダルギ)被告人の娘

刑事訴訟法の大原則「疑わしきは被告人の利益に」
母親の自殺の疑い
 ・給付申請書はドゥシクが書いたものではない
  給付を得る為、母が書いたもの
 ・落下時に助けを求めていない
 ・息子に新しい義手を用意していた
判決:懲役25年 → 無罪

【 管理人のひとこと 】
実話に基づくフィクション
頭の傷は金槌によるものなの?
 ・血飛沫がない
 ・金槌に血痕がない
 ・見付かったのが1日遅れ(7/31→8/1)
 ・落下途中で出来たもの?室外機の角にぶつけた
関連記事
【洋画】 [英数行] カテゴリ内のページ送り】 【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年07月13日(月)00:48:57
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 0 件

Comment 0

There are no comments yet.
 ■ トラックバック一覧 0 件

【時系列ページ送り】